占いツクール
検索窓
今日:2,818 hit、昨日:3,517 hit、合計:285,526 hit

ページ9

某死神くんは梓さんにオレンジジュースを頼むと、にっこりと俺を見上げた。


「僕、江戸川コナン!よろしくね!」


小学生に名乗らせて自分の名前を言わないほど腐ってないので、もう諦めて口を開く。


『水景Aだよ。』


「Aお兄さんかぁ。Aお兄さんって目グレーだし、ハーフなの?」


『いや、両親共バリバリの日本人さ。俺は色素が薄くてね。』


コナンのことだから、興味本意で赤の他人に声をかける訳がない。まさか目グレーだね〜が本題じゃないだろう。


「ふ〜ん。ね、Aお兄さんって警察の人なの?」


ほらきた。


『いや違うよ、どうしてそう思ったの?』


「ん〜、なんか動きに隙がないなーって思って。僕警察の人と仲良しだから、そういうの分かっちゃうんだ!」


どんな小学1年生だよ。


『そうかぁ、なかなかない特技だね。』


俺が本音を隠しながらそう相槌を打ったところで、安室さんがナポリタンとオレンジジュースを持ってカウンターの奥から出てきた。


「お待たせしました。ほら、コナン君。」


「ありがとー!」


ナポリタンを俺の前に置き、コナン君が笑顔でオレンジジュースを受け取る。


……が、安室さんはなぜかそのまま俺の前に立ち続ける。


『……。何ですか?』


「いえ、昼時も過ぎましたので、少しお話ししたいなと。よろしいですか?」


まぁ俺的には、キャラと話すのは大歓迎なんだけど。いかんせん2人から漏れ出る警戒心がなぁ……。


俺そんなに怪しい?


『まぁ、構いませんけど……。』


俺がフォークとスプーンを持ちつつそう答えると、安室さんは「ありがとうございます。」と言ってカウンターの中にある椅子に座った。


「ナポリタン、お好きなんですか?」


『まぁ、大好物というわけでもないですけど、それなりに。』


「今度は是非僕のサンドイッチも食べに来てください。サービスするので。」


安室さんのそんな言葉に、ナポリタンを1口食べた俺は思わず頷いてしまった。


何これ超美味い。


ナポリタンがこの美味さなら、オススメだというサンドイッチはどれだけ美味いのか。やばい胃袋掴まれたかもしれん。


俺が黙々とナポリタンを頬張っていると、安室さんがクスリと笑みを漏らした。


「気に入っていただけて良かったです。」


俺もつられて笑い返した瞬間、コナンがいかにも今思いつきましたよーみたいな顔で口を開いた。



「ねぇ、Aお兄さんって、どんなお仕事してるの?」






来たか腹の探り合い。

9→←7



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (565 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1988人がお気に入り
設定キーワード:白桜 , 名探偵コナン , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

NIL(プロフ) - 白桜さん» 続編移行、初めての時はよく分からないですよね。とても面白いと感じる作品なので、これからも頑張って下さい (7月8日 0時) (レス) id: 6ea316f6e9 (このIDを非表示/違反報告)
白桜(プロフ) - 続編登録いたしました、申し訳ありません。やり方がよく分からず……。拙い作品を読んでくださりありがとうございます。機械には若干相入れなさを感じます……。 (7月8日 0時) (レス) id: 33d5312230 (このIDを非表示/違反報告)
NIL(プロフ) - 続編が登録されていないのか、2に移動できません。いつも楽しませてもらってます。更新頑張って下さい (7月7日 23時) (レス) id: 6ea316f6e9 (このIDを非表示/違反報告)
山姥拓海(プロフ) - 早く続きが見たいですね!更新頑張ってください (7月6日 21時) (レス) id: e2c2af4155 (このIDを非表示/違反報告)
akithin.(プロフ) - 好みにドンピシャのお話です! (7月3日 14時) (レス) id: b8bffb41df (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白桜 | 作成日時:2019年5月21日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。