占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:36 hit、合計:19,123 hit

17 ページ18

会いたいって事は好きだから…。

今まで、いろんな子と付き合ってきたけどAだけは違う。

由衣経由で知り合って、仲良くなって、仕事で疲れた時は家に帰るよりAの家にいた。
だから、Aが家にいないときは連絡して迎えにも行った。

それが由衣や航大にばれて怒られたことも何度かある。

藤「じゃあ、玉の会いたいと思う子かCecilの1人かどうか確かめないとな。」

横「俺らに任せとけ」

頼っていいのかな?こんな事で…。

宮「俺も調べてみるよ。」


バスが撮影現場に到着した。

バスから降りると、そこは snow drop

店内は、あの頃と少し変わっていたが懐かしい…。俺は、Aに会えなくなってから寄り付かなくなったんだ。
 
「2階のフロアで撮影します。皆さん上に上がってください。」

スタッフに言われて2階へと上がる。

あたりを見まして、

二「いい店だね。ここ俺気に行ったかも。」

ニカの発言に1人で笑ってしまった。

ここへ初めて来たときの俺の言葉だったから

18→←16



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
51人がお気に入り
設定キーワード:Kis-my-ft2 , 玉森裕太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:saryu | 作成日時:2020年4月5日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。