占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:180 hit、合計:215,816 hit

ばれっばれ ページ9

「おう、ゆめこちゃんじゃねーの」


職員室の扉に手をかけたとき、誰かが私を呼んだ。

なんで、誰が、誰が知ってるの…?


ブルブルと震えながら上を見上げる。

其処にはメイク派手派手な男の人、宇髄先生がいたのだ。



どうして知ってるの…?




「どうして知ってるの?って思ってんな」




「せ、先生」




先生にバレたら、いや、みんなにバレたら辞めさせられるかもしれない。



アイドルを、私の安心できる場所を。





我妻くんと私の、仲良くなれた理由を、



それだけは、それだけは嫌だ!




何か言おうと口を開くのに、掠れた息しか漏れない。




「あ、言っとくけどよぉ、冨岡と煉獄も知ってるぞ」




その瞬間、全てが絶望に見えて、ずる、と床に膝を付いた。




「も、しかして」




呼ばれたのはそのせい?



だ、だったら、どうしよう、どうしよう。




「む?」



職員室から出てくる煉獄先生。



奥から走ってくる冨岡先生。



お、おしまい?



此処で、私のアイドル人生、終了なの?





「え、へへ、へぇ…」



しかも不死川先生もやって来るしで、私は立つことができなかった。




一日でこんなにもバレるなんて…



「どう、しよ」





どうしよう、人生、終わるかもしれない

悲劇惨劇→←我妻くんと個性豊かな人達



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (486 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1026人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , キメツ学園 , 我妻善逸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いぬお(プロフ) - 歩美さん» 自分でもちょっとこれは…と思ってたのでそのコメント嬉しいです。ありがとうございます! (12月22日 21時) (レス) id: 5294fb0fb4 (このIDを非表示/違反報告)
歩美(プロフ) - ほんとにほんとに面白くて大好きなんですけど、急に手のひら返してきた善逸君に腹立ってしまいました。。。(笑) (12月22日 18時) (レス) id: 8624416025 (このIDを非表示/違反報告)
いぬお(プロフ) - らむねさん» ありがとうございます励みです! (12月2日 20時) (レス) id: 5294fb0fb4 (このIDを非表示/違反報告)
らむね - いぬおさん» 完結おめでとうございます。いぬおさんの他の作品も大好きです!これからも応援しています。 (12月2日 17時) (レス) id: f563d201f9 (このIDを非表示/違反報告)
らむね - 樋口です。さん» 文句ないであります!隊長!(私はコンクリ抱かせて東京湾に沈めました。) (12月2日 17時) (レス) id: f563d201f9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いぬお | 作者ホームページ:http:  
作成日時:2019年11月1日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。