占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:2,375 hit

宇髄と筋肉と美少女と ページ4

目があったら終わり、とはこのことでしょうか。

そのまま知らんふりをしても良かったのでしょうが、気になって近付いていってしまいました。


まぁ、それは明らかに判断ミス。


強引に腕を掴まれました。
痛い、痛い、折れてしまいます。



「ちょっと宇髄サマ、その子は誰なのですか!」


と、美少女が叫びます。

待ってどういう状況だ。


「だから言ったろ、俺には嫁がいる、お前とは無理だって」



皆様、聞きました?

嫁、嫁と言いましたよ?


あぁ、なるほど、私を嫁にしてその場凌ぎですかそうですか。




どついてやろうか。





「じゃあ、相撲しましょう!」


と、美少女は言いやがりました。

はい?



何をどうしたら相撲になるんですか、どうなってるんですかこの女の頭は





「相撲で私が勝ったら宇髄サマと結婚します!」



「わかった、わかった」

と、宇髄の野郎は言います。




止めないのですか。

見るからに柱である私と目の前の華奢な美少女。
圧倒的な差があるでしょう?



いや、切実にやめてあげてくださいよ。


私、骨折っても知りませんよ、責任は貴方にあるんですよ。



馬鹿なのですか、その思考回路をどうにかしてやりましょうか。



「はっけよ〜い」



もう始めてますし…


しょうがないですね、彼もお嫁さんがいますし。
三人もいますからね。




私は袖を捲って膝に手を置きます。


さぁ何処からでもかかってこい、という風に。






「うおおおおっ」



するとどうでしょう、美少女が私を張り手でべちべちと押してくるのです。

おぞましいです、蜜璃ちゃんの亜種か、というくらいに強いです。



あれ?おかしいですね、私が勝つ予定だったのですが。



美少女は張り手をしながら私を押します。


「私のッ旦那にッ宇髄サマはッ、なるッ!」


「そのためにッ、相撲を、練習したのッ」



あぁ、やっぱり馬鹿ですねこの美少女は。


私がドンッと押すと美少女は後ろにぶっ倒れました。




張り手は馬鹿みたいに強いのにすぐ倒れるんですか、もったいない。




私はヒーヒー言ってる宇髄を叩いて、どうにかしなさい、と言いました。



するとさっきまで倒れていた美少女が私のたんこぶを叩いて


「今度はぜーったい勝つんだから!」



とだけ言って走っていきやがりました。


はぁ、痛いです




とりあえず宇髄に奢らせましょう。
私、ちょっと怒ってるので。

くしゃみは風邪でなく噂の印→←宇髄と筋肉と



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
21人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いぬお(プロフ) - 怜さん» (@@;) (11月4日 11時) (レス) id: 5294fb0fb4 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ( 。∀ ゚) (11月4日 11時) (レス) id: bf7bf25de5 (このIDを非表示/違反報告)
いぬお(プロフ) - 怜さん» 私も作ってる最中、「なぁにこれぇ」でした。半狂乱なのでわけわからなくなるかもです (10月29日 16時) (レス) id: 5294fb0fb4 (このIDを非表示/違反報告)
いぬお(プロフ) - 禰豆子は神(°-°)さん» 私も!泣いたんだよ、倍に泣いてしまえ! (10月29日 16時) (レス) id: 5294fb0fb4 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - タイトル見て「なぁにこれぇ」見てる途中「なぁにこれぇ」なんですが、その。でも、続き待ってます。 (10月29日 9時) (レス) id: bf7bf25de5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いぬお | 作者ホームページ:http:  
作成日時:2019年10月29日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。