占いツクール
検索窓
今日:50 hit、昨日:413 hit、合計:84,080 hit

ページ45

『ねえ弔、なんでカツキがここに居るの?』


白いワンピースを揺らしてフードの男に駆け寄る彼女は、紛れもなく俺の幼馴染だった。

テレビや学校で聞いた話では誘拐されたということだったが、全くそんなようには見えない。


唯一気がかりなのはその手足についた赤い痣だが、それはきっと…。


考えたくねえ。

けれど、考えずとも分かってしまう。


腕を絡めて寄り添う姿がそれを示している。



「コイツの個性はこっちで使えるからさ。
勧誘してんの」


『ふーん』



興味なさげに向けられた瞳。

冷たい視線が突き刺さる。



『ダメだよ。絶対コッチに付かない。
ヒーローが正義だと思って疑わないヒトだからさ。そんなの、いらないよ。』



誰だ、お前。


そう叫びたくなるほど様変わりしたコイツは今、俺への敵意と悪意、そして純粋な殺意しか持っていない。

以前のAからは考えられないその姿に動揺した。



「お前、どうしたんだよ」


『どうしたもこうしたもないよ。
本質は変わってないもの。
ただ、今はそれを表に出してるダケ』


違う。

お前はもっと、綺麗で、純粋で、優しい人間なはずだろう。

それは昔から変わらなかった。

中学で再会してから、いままでずっと。



「ヒーロー目指してたんじゃなかったんか」



細められた瞳、そして



『目指してるわけないじゃん、あんなの。』



綺麗な顔が、歪んだ。

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
104人がお気に入り
設定キーワード:死柄木弔 , ヒロアカ , 僕のヒーローアカデミア   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

通りすがりの少女 - 読んでてすごく面白いと思いました。これからもがんばってください! (8月6日 2時) (レス) id: e0a9634d23 (このIDを非表示/違反報告)
のえたん(プロフ) - 幸哉さん» コメントありがとうございます!甘い展開というよりかはストーリーメインなので、これからも楽しんで貰えたら嬉しいです! (5月9日 22時) (レス) id: ee02f97984 (このIDを非表示/違反報告)
幸哉(プロフ) - あれ…?死柄木推しじゃないのになぜか読み進めてしまいます…! (5月9日 22時) (レス) id: 809d850eff (このIDを非表示/違反報告)
のえたん(プロフ) - akuaさん» ありがとうございます。とても励みになりました(^^) (5月9日 15時) (レス) id: ee02f97984 (このIDを非表示/違反報告)
akua(プロフ) - この作品大好きです!低評価なんて気にしないで頑張ってください!! (5月9日 15時) (レス) id: 00971fdcab (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:のえたん | 作成日時:2018年10月28日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。