占いツクール
検索窓
今日:5,238 hit、昨日:8,049 hit、合計:914,625 hit

第8話 ページ10

.


『着いた…けど…』



…絶対何かある雰囲気だよなあ。

と、入る前から渋っていれば、早ク!と急かす鎹鴉。

…くそう…これで私が瞬殺されたら鴉のせいにしてやる!



『お、お邪魔しまーす……』



ギィィ…と古びた扉を開け、中へと入って行けば、バタン!と閉まる扉。



『(…鬼じゃなくて最早霊なのでは……)』

「人間…」

『!!』



刀を抜き戦闘態勢を取るも、姿は見えない。

…でもわかる。"何か"がいる…。



『(鬼でも人間でもない…いやこれまじでワンチャン幽霊なのでは…)』



霊に日輪刀って効くっけ?そもそも物理攻撃効く?と、訳の分からない思考をグルグル回していれば、感じる殺気。



『(これは鬼のだ…一体どうなってんの…!)』



ズバ!と振り返りざまに斬れば消えていく鬼。



『…とりあえず入ってくか…』



と、1歩踏み出し瞬きした直後、少し先に見えた女の子。

女の子は泣きそうな顔で手招きをしていた。



『…どうかしたの?』

「怖い…怖いよ……」

『そっちに鬼がいるの?』

「怖い……助けて……」



ダメだ会話にならん。そう割り切り、周りを警戒しつつ、女の子についていけばある部屋の前で止まった女の子。



『…ここ?』

「ぐす…助けて……助けて…!」



そう泣きじゃくる女の子の頭を優しく撫でてあげれば、ふっと消えた女の子。



『…入るか』



ゆっくり、慎重に扉を開け、そっと中を覗けば…



『(血…それに倒れてるのは多分鬼殺隊士…なんて数…)』

「何してるの?」

『えっ…?…!!』



一瞬で受け身を取るも、部屋の中に吹き飛ばされる身体。

…なに、今、何が起きて…。



『(鬼の気配だ…なんだ、これ…)』



妙に身体に纒わりつく匂い。ハッキリとしないが、何かがある。



「ふふっ、可愛らしいお嬢さん。貴女、珍しい匂いがするわ」



ふわり、と椿の匂いが強く香ると思えば、目の前にいる女の鬼。



「ああ、"稀血"ね。頂いちゃいましょう」

『――ッ!(コイツ、目に数字が…)』



反射で刀を振るも手応えはない。

急いで戦闘態勢を取れば、クスクスと笑いながら宙に浮かぶ鬼。



『(いや、違う…考えろ…鬼でも宙に浮くわけが……)』

「ええ、違うわ。貴方が浮いてるのよ」

『えっ?――がはっ!』



ドォン!と何かにぶつかれば、その拍子に上から物が落ちてくる。

…マズい…今ので……



『(肩の傷…開いた…!)』

「ふふっ、貴女を食べれば私も上弦になれるわ。ありがとう」

『!』

第9話→←第7話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (378 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
978人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 原作沿い
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!嬉しいです(*^ ^*)更新頑張ります!! (6月24日 18時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 感動しました!炭治郎流石って感じです! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 凄いてんかいっすね! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!更新頑張ります!(*^^*) (6月22日 11時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 面白いです!私の推しは炭治郎と善逸なので!更新待ってますね! (6月22日 10時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たくあん | 作成日時:2019年6月12日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。