占いツクール
検索窓
今日:1,562 hit、昨日:8,437 hit、合計:880,259 hit

第40話 ページ43

.


夢を見た――。

お父さんとお母さんと姉さんと遠出して、現地の美味しいご飯を食べて、温泉に入って、家に帰って、次の日の仕事が憂鬱だー。なんて。

…あれ?仕事ってなんだっけ。

姉さん、家に帰ってきてるの珍しいね。彼氏さんと喧嘩したの?

…"姉さん"?私、お姉ちゃんって呼んでなかったっけ?

お父さん、いい加減ソファで寝るのやめなよ。風邪引くから。

…ソファ?それ、こんな時代にある?

お母さん、週末にさ、2人で新しく出来たアウトレット行こうよ。

…アウトレット?そんなの、今あるわけ…



…あれ?これ、いつの…?私は……



…A…!

…A!



…誰かが呼んでる…私を…呼んでる…。



…A、おかえり



…ああ、なんて、温かくて優しい声…



…A、まだ…行かないで。僕と一緒に居て。



…小さな手…でも、ちゃんと男の子の手だ…



…A!一緒に行こう!

…Aちゃーん!

…おい!勝負しろ!



「「A/ちゃん!」」



…みんなが…呼んでる…!



『ん…』

「「!!」」

「お、起きた…!」

「Aちゃぁぁん!!よかったよぉぉ…!」

『炭治郎…善逸…伊之助も…』



目を覚ませば、炭治郎や善逸がはぁぁ…と長い溜息を吐いていて、伊之助はじっとこちらを見つめていた。

起き上がろうとすれば、ズキンと痛む横腹。

…あ、そうだ私刺されたのか…。



「あ、無理に動いたらダメだぞ。傷は深いんだから…」

「俺もうほんっとに…このままAちゃんが目ェ覚まさなかったらどうしようかと…」

『?私、どれくらい寝てたの?』

「三日三晩だよ。善逸や伊之助が騒いでも起きなくて本当に怖かったんだからな」

「おい炭治郎!やめろよそういうこと言うの!」

「A!覚醒したなら勝負しろォ!」

「ふっざけんなよ!」



やいやいと目の前で繰り広げられるやり取りに、ふふっ、と笑いを零せば、どうかしたか?と炭治郎に聞かれた。



『ううん、なんか、嬉しくて。みんなが元気そうでよかった。眠ってる間に、嫌な夢を見た気がしたんだけど…そんなの忘れちゃうくらい、今、3人の顔見て安心してる』



ありがとう。そう言えば、それはこっちのセリフだよ!と善逸が言った。



「その傷…俺達を庇って負ったんだし…」

『あぁ、そう言えばそうだっけ。でも肋折ってる3人にそれ以上怪我させる訳にもいかなかったし…』

「Aは本当に逞しいな…ありがとうな、助けてくれて」

『どういたしまして!』

第41話→←第39話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (374 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
959人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 原作沿い
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!嬉しいです(*^ ^*)更新頑張ります!! (6月24日 18時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 感動しました!炭治郎流石って感じです! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 凄いてんかいっすね! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!更新頑張ります!(*^^*) (6月22日 11時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 面白いです!私の推しは炭治郎と善逸なので!更新待ってますね! (6月22日 10時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たくあん | 作成日時:2019年6月12日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。