検索窓
今日:810 hit、昨日:1,838 hit、合計:43,763 hit
「ごめん姉ちゃん、寝坊したぁ!」


『またぁ〜?!』




弟のために車を走らせるのは日常茶飯事。




『待って、スマホ忘れてってんで!』


「うわ、ごめんありがとー!」




そんな、今をときめく、あるアイドルのお姉ちゃんは、




「ほんまにありがとう!姉ちゃん最強!!」


『今更気付いたん?』




どうやら、最強なようです。





***




main:道枝駿佑




***





こんにちは、作者のぽて子です!


「姉ちゃん」と彼が呼ぶのを聞きたい!という気持ちが爆発して出来上がった代物です笑

ゆっくり更新していきますので、気長にお待ちいただければと思います。




※他グループは登場しません。

※恋愛要素もありません!

※完全なる妄想の産物ですので、現実とは全く異なります。

※関西弁がおかしいところもあるかもしれません。



ご注意ください!





***





【別作品はこちら】


また、朝になったら


なにわの最年少ちゃんとのお話です!執筆状態:連載中

































おもしろ度の評価
  • Currently 9.92/10

点数: 9.9/10 (119 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
671人がお気に入り
設定タグ:道枝駿佑 , なにわ男子   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽて子 | 作成日時:2022年10月1日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。