検索窓
今日:34 hit、昨日:66 hit、合計:341,310 hit

ページ37

『なんか急にごめんな?』

とりあえず何か聞きたそうにずっとソワソワしているオレンジ君にそう言っておく。

「い、いえ!大丈夫だ…です!!」

…敬語苦手なの丸わかりじゃん。
あーでもやっぱり青城はこういう素直な子が足りないんだよな。三年と国見は論外だし矢巾は矢巾だし。可愛い子ってたろうちゃんとわたちゃんぐらいしかいないからな。


「あ、あの…」

オレンジ君がおずおずと口を開く

『ん?どした−?』

「お、お姉さんは今何年生ですか?」

『あ、悪い。自己紹介まだだったよな。私夏瀬A。青城三年。よろしくなー』

「お、俺烏野一年の日向翔陽です!!よ、よろしくお願いしアス!!」

『おー翔ちゃんか。よろしくな』

「お、おおおお!!!」

嬉しそうに両手を握って叫ぶ翔ちゃんに思わず首をかしげる。


「えっと、俺、中学の時友達からそう呼ばれてたんだけど、でも高校入ってからそう呼ばれたことなくて!!だから嬉しいです!!」

『おーそうか。翔ちゃんお前可愛いなー。青城においで』

「うぇっ!!」

『嘘嘘。そんな睨むなよ飛雄ちゃん』

お前の友達取ったりしねぇよ。そう言って飛雄ちゃんの方を見る。

「…」

…って潔いほどの無言じゃん。違った?





〜♪

突然店にスマホの着信音が鳴り響く。

私か。そう呟きながら画面を見るとお母さんからだった。多分早く帰ってこいっていう催促だろう。後でかけ直すとしてとりあえず帰り支度を始める。


『んじゃ私帰るわ。けいちゃんサンキュー。飛雄ちゃんと翔ちゃんもじゃあな−』

「おう。気ぃつけてな」

「ウス」

「オス!!肉まんありがとうございました!!」

可愛い後輩達に見送られ、手を振って店を出た。







『とびおちゃん、ねぇ…』

街頭がぼんやりと辺りを照らし出す中、ぽつりと呟いた私の声が闇の中に溶けていく。

てっきり青城に来るもんだと思ってたんだけど。
あの様子だと中学の時の事結構引きずってんのかなぁ。

今の一年が中三だった頃の北一の事は大まかになら知っている。…細かいことは分からないけど。


『…ハァ』

中学の時の事を思い出して思わずため息が漏れた。

…過ぎた事だからどうでもいい。そう自分に言い聞かせて重くなった足を動かす。


『…早く帰ろう』

そう小さく呟いて鞄を肩にかけ直した。

何だか無性に幼なじみの顔が見たくなって

…帰ったら家でもお邪魔しようか。

そんな事を考えながら、私は足早に帰り道を急いだのだった。

◇影山飛雄の場合→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
515人がお気に入り
設定タグ:ハイキュー!! , 青葉城西   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨音(プロフ) - 麗さん» 二つとも見落としていました…。訂正いたしました、ご指摘ありがとうございました!! (2020年8月24日 23時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 25ページの「」だと思う部分が『』になってます。 (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 21ページの「あーコレ?、、」なんですけど、多分『』だと思います。話の前後的にも (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
雨音(プロフ) - しのぶさん» コメントありがとうございます!!そう言っていただけてとても嬉しいです…(*T^T)これからも男前な夢主ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします\(^-^)/本当にありがとうございました!! (2020年7月6日 20時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
しのぶ - なんて、男前な夢主なんでしょう。 とても素敵な作品だと思います。これからも頑張って下さい。 (2020年7月6日 16時) (レス) id: 399359edd6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨音 | 作成日時:2020年5月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。