検索窓
今日:32 hit、昨日:66 hit、合計:341,308 hit

ページ25

「縁下!この方が潔子さんを助けてくださったお方らしいぞ!!」

「え、そうだったんですか!」

『そんな助けたなんて大層なもんじゃねぇよ』

軽く手を振って否定する。

『なに。君もきよちゃん親衛隊なの?』

「お、俺ですか!?尊敬はしてますけどコイツらほどは…」

そう言うや否やその子は二人をギンっと睨み付けた。

「お前らは初対面の人に何ベラベラと余計な事を話してるんだ!!」

「つ、つい…」

「スミマセンでした…」

男の子はため息をついたあと改めて私に頭を下げた。

「もうほんとにコイツらがすみませんでした…」

『だから、んな気にするなって。お前いい奴だな』

そう笑うと男の子は照れたように頬をかいた。

『私夏瀬A。よろしくな』

「俺二年の縁下力です。よろしくお願いします」

『ふーん。じゃあ夕ちゃんに、りゅうちゃんに、ちかちゃん、だな』

確認するように一人一人指さしながらそれぞれの名前を呼ぶ。

「「おお〜!!」」

「ち、ちかちゃん!?」

『あ、嫌?』

「あ、いえ!!はじめて呼ばれる名前でちょっとびっくりしちゃっただけです」

『ちかちゃんお前やっぱり可愛いやつだなぁ』

そう言って頭を撫でてあげるとちかちゃんは目を見開いた。見上げた頬がほんのりと赤くなる。

「姉御!!俺も!俺も撫でてほしいス!!」

「お、俺もいいスか…」

自分の事を指差しながら手を挙げる夕ちゃんに、照れたように目を逸らしながら呟く龍ちゃん。

『おーいいぞいいぞー。お前らも最初はコイツら大丈夫かって思ってたけど可愛いなー』

おお、坊主頭始めて触った。なんかハマりそう。

「そ、そんなこと思ってたんスか…」

「悪い悪い。だってお前らよく分かんねぇ事言い出すんだもん。神々しいとか言って拝むし、突然土下座するし」

「…(ギロッ)」

ちかちゃんからの無言の圧力で、二人がスーッと横を向いた。

なんだコイツら。おもしれえな。

苦労人が新たな出会いをする話→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
515人がお気に入り
設定タグ:ハイキュー!! , 青葉城西   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨音(プロフ) - 麗さん» 二つとも見落としていました…。訂正いたしました、ご指摘ありがとうございました!! (2020年8月24日 23時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 25ページの「」だと思う部分が『』になってます。 (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 21ページの「あーコレ?、、」なんですけど、多分『』だと思います。話の前後的にも (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
雨音(プロフ) - しのぶさん» コメントありがとうございます!!そう言っていただけてとても嬉しいです…(*T^T)これからも男前な夢主ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします\(^-^)/本当にありがとうございました!! (2020年7月6日 20時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
しのぶ - なんて、男前な夢主なんでしょう。 とても素敵な作品だと思います。これからも頑張って下さい。 (2020年7月6日 16時) (レス) id: 399359edd6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨音 | 作成日時:2020年5月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。