検索窓
今日:137 hit、昨日:101 hit、合計:340,591 hit

ページ16

『…ナメんな』

これでも小学生の頃からずっと空手やってたんだ。
そこら辺の男にだって、力勝負にさえ持ち込まれなければ、負けない自信はある。


“空手は喧嘩の道具ではありません”
そう口を酸っぱくして言っていた先生に、内心で一応謝りながら、拳を握った。

先生ごめんなさい。だけどこれは正当防衛。つまり止む無し。


ーーでも。
相手の攻撃を避けた後に拳をたたき込もうと、握った手に力を込めた瞬間、

“あ、これ問題になったらバレー部に迷惑かかるんだった”

そんな当たり前のことを今更になって思い出し、ほんの一瞬、一瞬だけ反応が遅れた。

…たかが数コンマ一秒。しかしその一瞬の遅れがこういう場面で致命的なミスになる事を私は経験上からよく知っている。


体をひねり飛んできた拳を何とか避けるも相手の拳が頬をかすめる。

あ、でもラッキー。なんとなくだけどコイツそんな強くないじゃん。


気を鎮めるために溜息を吐いて、ついでに握った手から力を抜いた。

うーん、喧嘩ができないとなると、とりあえず


『あ、あそこに空飛ぶ豚のようなトンカツが!!』

「ん?」

『ほら、行くよ!!』


…逃げるのみ。

男共が後ろを振り返った瞬間、女の子の手を取って駆け出した。


「あ、おいコラ待ちやがれ!!」

うわ、追いかけてくんのかよ。
再度舌打ちを一つこぼし、幾つも角を曲がった先の細い路地裏に飛び込んだ。

男達がバタバタと目の前を通り過ぎていくのを伺いつつ、向こうに行ったことを確認し路地裏から出る。


『はぁ…ごめんね。大丈夫だった?』

手を離し、女の子の方を見る。
…って気付かなかった。私より少しだけ身長高いんだ。

*→←ナンパするならマナーを大切に



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
515人がお気に入り
設定タグ:ハイキュー!! , 青葉城西   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨音(プロフ) - 麗さん» 二つとも見落としていました…。訂正いたしました、ご指摘ありがとうございました!! (2020年8月24日 23時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 25ページの「」だと思う部分が『』になってます。 (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 21ページの「あーコレ?、、」なんですけど、多分『』だと思います。話の前後的にも (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
雨音(プロフ) - しのぶさん» コメントありがとうございます!!そう言っていただけてとても嬉しいです…(*T^T)これからも男前な夢主ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします\(^-^)/本当にありがとうございました!! (2020年7月6日 20時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
しのぶ - なんて、男前な夢主なんでしょう。 とても素敵な作品だと思います。これからも頑張って下さい。 (2020年7月6日 16時) (レス) id: 399359edd6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨音 | 作成日時:2020年5月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。