占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,627 hit

【P】転がるコイン ページ6

俺はダウンをはおって外に出た。

目的の店まであと1ブロックというところでホットドックスタンドを見つけた。

見ると無性に食いたくなる。

売り子のおばさんに
「1つ」
と注文しポケットからコインを出そうとしたその時・・

コインが足元に転がった。


「やべぇ」

ちょっと大きな声が出た。

そばに立っていた信号待ちの女性が振り向くのを感じながら俺はコインの行方を見失わないように咄嗟にその場にしゃがみこんだ。

だけどコインは無念にも転がり続け俺の手が届かないところへ消えてしまった。


ホットドックを差し出すおばさんに

「Please wait a moment」

と伝えてポケットを探ったけど

小銭がない!

財布をのぞくも高額紙幣が一枚入っているだけだった。

マジヤバい!!

そう思った時だった。

俺の左側から赤い手袋が伸びてきて売り子のおばさんの手のひらにコインが落ちる音がした。


俺は驚いて赤い手袋の主を見た。
そしてもう一度驚いた。

「あ!夕べの・・」
そう言いかけたところで彼女は走って信号を渡ってしまった。




俺がHERMESについたのは開店して30分くらいたった頃だった。

開店直後ならあまり人もいないから人目を気にせず買い物ができると友人から聞いていた。


「なんでもいいからHERMESでお土産買ってきて」
ミウから言われていた。

何を買おうか選んでいると少し尖った声が耳に入った。

言い争うという域には達していない。

冷静だけど・・・
いや冷静だからこそ・・怒ってるよな・・・ということが感じられる話し方だった。


俺は怒ってる女が嫌いだ。


声がする方を見て驚いた。
ゆうべフェリーで会ってクラブでぶつかって
さっきホットドックの代金を支払ってくれた女性だったからだ・・・。

びっくりした俺は彼女と店員のやり取りを少し離れた場所から聞いていた。

俺は怒ってる女が嫌いなはずなのに流暢な英語でやりとりするその姿に見とれてしまっていた。


何かトラブルがあったみたいだ。

店員とのやりとりの後、彼女は窓際のソファに座って外を見ていた。

さっきのお礼を言おうと思ったけど
なんとなく声をかけそびれてしまった・・・。

そういえば彼女のスカーフはハドソン川に沈んだんだよな・・
そのことを思い出した俺はお土産はスカーフにしようと決めた。

お茶ご馳走してくれますか?→←ポケットの中のコイン



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Luna - 実はリリーさんの事結構観察してますのん(笑) (2014年2月11日 1時) (レス) id: 9794dabceb (このIDを非表示/違反報告)
ひでみん(プロフ) - りりーさん、中々いい事言うわ(笑) (2014年2月8日 1時) (レス) id: 5e098d8614 (このIDを非表示/違反報告)
Luna(プロフ) - ともさん» ともちゃん♪感想ありがとう!! (2014年1月30日 21時) (レス) id: 9794dabceb (このIDを非表示/違反報告)
とも - 設定がいいわあ!次が楽しみー (2014年1月29日 19時) (レス) id: 4f5cef5ee4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Luna | 作成日時:2014年1月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。