占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,606 hit

【P】香水 ページ47

今日は夜から打ち合わせが一本入っているだけ。
俺はソファにうつ伏せになって読みかけの本を読んでいた。


「ねぇ・・トモ」

「ん?」

「この色とこっちの色とどっちがいいかな?」

「ん・・右?かな」

「じゃあこれとこれなら?」

「どっちもいいと思うよ」
俺は本に夢中で空返事をした。

「もう!トモったら!本なんて読んでないで」
ミウは俺から本を取り上げて俺の手が届かないところへ置いてしまった。

俺は小さくため息をついてからだの向きをかえ仰向けになった。

仰向けになっている俺の上にりぴったりとくっつくようにミウが横になった。
ミウの重さが心地いい。

「ねぇトモ」

「ん?」

「スタイリストさんにコレもらったの」
ミウは手に香水の瓶を持っていた。

「新発売かなにか?」

「そうじゃないけど」
ミウは瓶の蓋を開けて指先に少しだけ香水をとった。

香水の甘い香りが広がった・・・

それは・・Aさんのフレグランスの香りだった。
俺は少しだけ・・・動揺した。

なんで動揺しているのかわからない・・

嗅覚からの刺激は
脳にダイレクトに伝わった・・

その動揺を悟られないようにミウに聞いた。
「なんていう香水なの?」

「これ?CHANELのアリュールだよ」

CHANELのアリュール・・・
頭の中でその言葉を反すうした。


「ちょっとつけてみるね」
ミウからはそう言うと瓶から直接手首に香水をつけた。

【P】フラッシュバック→←【P】腹減った



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Luna - 実はリリーさんの事結構観察してますのん(笑) (2014年2月11日 1時) (レス) id: 9794dabceb (このIDを非表示/違反報告)
ひでみん(プロフ) - りりーさん、中々いい事言うわ(笑) (2014年2月8日 1時) (レス) id: 5e098d8614 (このIDを非表示/違反報告)
Luna(プロフ) - ともさん» ともちゃん♪感想ありがとう!! (2014年1月30日 21時) (レス) id: 9794dabceb (このIDを非表示/違反報告)
とも - 設定がいいわあ!次が楽しみー (2014年1月29日 19時) (レス) id: 4f5cef5ee4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Luna | 作成日時:2014年1月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。