占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,606 hit

エレベーターで ページ13

ある日・・・
携帯電話が壊れた。
私は駅前の携帯ショップに出向き新しいiPhoneを購入した。

帰り道、本屋に寄ってマニュアル本も買った。


マンションに着くころには4時近くなっていた。

エレベーターを待っていると年配のご婦人と一緒になった。

「こんにちは」
挨拶を交わす。

優しい笑顔のご婦人だった。

亡くなった母と同じ年頃だろうか・・・。

エレベーターに乗ったのは私とご婦人の2人だけ。

自分の階のボタンを押すと同時にドアが閉まった。

「何階ですか」
私は後ろを振り返った。


すると・・・女性は壁に寄りかかって苦しそうにしていた。

「大丈夫ですか?」

「はい‥」
答える声が小さくてか細い・・・。

「お部屋は何階ですか」
と聞いても

「お医者様を呼んでいただけるかしら・・・」
途切れ途切れに言うだけ

エレベーターはすぐに35階についてしまった。

私は女性をかかえるように支え、とりあえず私の部屋へお連れした。


和室に布団を敷き休んでいただき
ご婦人から渡された携帯電話で
かかりつけのお医者様に電話をして往診してもらうことにした。


風邪と疲れが重なったらしい。
心配する事はないとの診断だった。

往診のあと医師に尋ねられた。

「あなたは‥?」

「私は先ほど同じエレベーターに乗って‥」
と、事のいきさつを説明した。


初老の医師はやさしく微笑み
「私から家族の方に連絡しておきましょう」

そういうと電話をかけはじめた。

どうやらすぐに電話は繋がったようだ。

先生が先程の話しを要約し受話器の向こうの人に説明している。

「こちらに寄ってもいいでしょうか?」
医師が私の方に顔を向けて言った。

私は構わない旨を伝えた。

お迎えは・・・→←地球・・・?



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Luna - 実はリリーさんの事結構観察してますのん(笑) (2014年2月11日 1時) (レス) id: 9794dabceb (このIDを非表示/違反報告)
ひでみん(プロフ) - りりーさん、中々いい事言うわ(笑) (2014年2月8日 1時) (レス) id: 5e098d8614 (このIDを非表示/違反報告)
Luna(プロフ) - ともさん» ともちゃん♪感想ありがとう!! (2014年1月30日 21時) (レス) id: 9794dabceb (このIDを非表示/違反報告)
とも - 設定がいいわあ!次が楽しみー (2014年1月29日 19時) (レス) id: 4f5cef5ee4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Luna | 作成日時:2014年1月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。