占いツクール
検索窓
今日:152 hit、昨日:841 hit、合計:319,747 hit

彼女が怯える理由1《両面宿儺》 ページ14

2つ目です!!

※少し歳離れてる設定で!
※お付き合い済み!

それではどうぞ!
_______________________



ガッシャーンッ!!



後ろでそんな音が響き、振り返るとさっき襲ってきたビッグサイズの呪霊が私を追ってきていた。



私は呪具を握り締めて全力で走る。



『……っ!しつこいっ…!何なの!コイツ……!準2級とか言ったから来たのに準1級呪霊ってどういうこと!?』




そう。上に書いてあるとおり私は任務に来ていた。





しかも2日連続3件目の任務だよ?





いい加減にして欲しい。意外としんどいんだからね。






出現した呪霊は準2級だという情報だったにも関わらず、いざご対面してみれば準1級ってどういうことよ。





しかも私2級術師なんだわ。死んだかな?





前をもう一度見直すとまた角だった。地面を蹴り、壁に着いた足を少し蹴って私はまた地面に降りて走り続けた。





『……なっ……!』







しかしその先は行き止まり。









____どうやら詰んだみたいだ。







『……せめて死ぬならコイツを少しでも弱らせてから死ぬか』






私は止まってゆっくりと振り返ると呪具をもう一度握り締め直した。





不気味な声を上げながら呪霊は私に近付いてくる。





真正面から向かっていくも呪霊の突っ込んでくる勢いで吹っ飛ばされた私は壁に叩きつけられる。




『……っそ……!うごか…ない…!』




身体を動かそうにも凄まじい痛みが全身に広がる。




呪霊は見失った私をもう一度見つけるとまたさっきのように突っ込んでくる。






____あぁ。死んだな。








最後にあの人に会いたかったなぁ。






『……宿…儺さん……っ』








瞳からひとつの涙がこぼれ落ちた。私は静かに目を瞑るといずれ来る痛みに備えた。






しかしいつまで経っても痛みなど来ない。





むしろ聞こえてきたのは呪霊の悲鳴のような声。





ゆっくりと瞼をあげるとそこに居たのは着物姿の少し色素の薄い髪の毛を持った人。






その人が手を前に差し出せば閃光がそこから飛び出し呪霊を木っ端微塵にする。








____なんで。こんなとこ居るはずないのに……







「……こんな雑魚如きに何をビビってる小娘」






『あ……すく…なっ……さん……』






そこには不機嫌そうな顔で私を見下した宿儺さんが居た。







続きます!

彼女が怯える理由2《両面宿儺》→←糸が切れたかのように2《虎杖悠仁》



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (285 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
809人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 短編集 , アメ玉
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

アメ玉(プロフ) - すーさん» すーさん!初めまして!お返事遅くなってしまって申し訳ないです!!リクエストありがとうございます!!了解致しました!少しお時間いただきますね!! (12月20日 1時) (レス) id: bd385b4018 (このIDを非表示/違反報告)
アメ玉(プロフ) - まかろにぱにーにさん» 初めまして!えぇぇそんな…神だなんて恐れ多いです……!ヾ(・ω・`;))ノ三ヾ((;´・ω・)ノあわあわ でも喜んで頂けたならすごく嬉しいです!暖かいコメントありがとうございます!! (12月20日 0時) (レス) id: bd385b4018 (このIDを非表示/違反報告)
まかろにぱにーに - え?待って?ナナミンイケメンすぎひん?神作品だ……。アメ玉さん(様)100年生まれてこなかった逸材では!? 神です。マジで。アメ玉様神アメ玉様神アメ玉様神アメ玉様神 (12月19日 23時) (レス) id: b2ccf5b6d7 (このIDを非表示/違反報告)
アメ玉(プロフ) - ちゃんみおさん» わあああちゃんみおさん!!(泣)引き続きリクエストありがとうございます!!了解致しました!少しお時間いただきますね!! (12月13日 21時) (レス) id: bd385b4018 (このIDを非表示/違反報告)
アメ玉(プロフ) - ぬたうなぎさん» やっぱりそうですよねぇ……スイーツは語彙力の宝庫ですね!(。・`ω・´)キラン☆←何言ってるか分からない (12月13日 21時) (レス) id: bd385b4018 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:アメ玉 | 作成日時:2020年11月25日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。