占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:186 hit、合計:45,593 hit

#708 ページ33

和也side

あーあ…またやってる…

和「ちょっと、今日は何を探したの?」

床に散らばった書類を拾い上げて机の上に乗せた。

あれからずっとこんな感じで、病室は散らかり放題。

A「別に…何も探してない……」

ベッドの上で体育座りをしているAのパジャマの袖口からはいつもの紅い線が見える。

和「まあいいけどさ…手当するなら早めにしなよ?」

A「知らない…もう出てって、」

その紅い線さえ見なければ出ていったけど、見つけてしまった以上は回収しないといけない。

和「ほら、持ち込み禁止だって言ったでしょ?出して。」

A「やだ」

和「A…」

A「……」

本当、子どもみたい。

Aはきっと俺らに子どもとして接してほしいんだろうな。

甘えたいだけ、なのかも。

子どもの過程をすっ飛ばして大人になっちゃったからね。

和「…分かった。その代わり俺が探すからね?」

Aは黙ったまま一点を見つめている。

ほら、本当に嫌なら全力で止めるはずだもん。

本当は寂しいだけ。

とりあえず早く見つけて甘えさせてあげないと。

引き出しの1番上の戸を引くと鍵がかかっていない。

和「あった…」

血のついたままの剃刀と新品が綺麗に並んでいる。

和「怒らないから手当だけね。」

Aは驚くほど素直に俺に腕を差し出した。

#709→←#707



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
127人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

rabbit - 2つに分かれてしまってすみません! (5月18日 23時) (レス) id: 3f2f3af7cf (このIDを非表示/違反報告)
rabbit - 蒼紗仁真さんは毎日のように更新してくださっていて、毎日この作品を読むことが楽しみです!これからも無理をせず、お話を書いてください。応援してます! (5月18日 23時) (レス) id: 3f2f3af7cf (このIDを非表示/違反報告)
rabbit - 移行おめでとうございます!随分前からこの作品を読ませていただいておりますが中々コメントができませんでした。ごめんなさい。 (5月18日 23時) (レス) id: 3f2f3af7cf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蒼紗仁真 | 作成日時:2019年5月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。