検索窓
今日:9 hit、昨日:47 hit、合計:43,967 hit

02. ページ3

.



私は静かな廊下を足音を立てずに歩く。

これは「暗殺」だからこそ早く終わらせよう。

今更、血を見るのなんて苦じゃない。
もう慣れたし。この仕事を続けて5年。私が奪った命は沢山ある。



____って、何考えてるんだろ。



早く目標()を探さないと。




私は廊下を歩いていると1つの大きな黒い扉が。


私はその扉をゆっくりと開ける。


そこは⋯真っ暗闇。だけど___



居た。

グルッペン・フューラーだ。
幸い、こっちには気づいていない。それに…寝ている?


なら、都合がいい。



私は隠し持っていたギラギラと光る刃物を取り出し気配を消して近づく。




パチン、




『えっ?』


いきなり部屋の電気がついた。


____と、思えば。





『っあ゛ッ!?』


腕を掴まれた。グキっ、と骨が折れる音が聞こえる。


私は痛みで床にペタンと座ってしまった。



?「⋯何しに来た。」


?「トントン〜、女の子なんだから少しは手加減してあげて?」


?「⋯女かよ」



明るい部屋に目の前に現れたのは眼鏡で赤いマフラーをつけている男と長い前髪の男、金髪の男だ。



⋯私、しくじったんだな。
油断していた。余計なことを考えるからだ。



?「おい、何しに来た?」


『⋯⋯』



赤いマフラーの男がしゃがんで見つめてくる。



?「黙秘か⋯じゃあ、どんな手段でも吐かせなな」


『⋯煮るなり焼くなり何でもすればいいじゃない。絶対に言わない』


?「⋯そうか。じゃあ」



その瞬間、目の前の男がハンカチを口に当ててきた。

目がクラクラする。




そして私はそこから記憶が無い。


.

03.→←01.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (295 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
669人がお気に入り
設定タグ:d! , wrwrd! , 軍パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さくらんぼ双子(プロフ) - のん(GM組推し)さん» 神!?そんなそんな、ありがとうございます!!期待に応えられるよう頑張っていきます! (6月7日 20時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
のん(GM組推し) - さくらんぼ双子様あなたは『神』なのですか?どの作品も面白いです。頑張ってください‼ (6月7日 20時) (レス) @page14 id: 2d87d65452 (このIDを非表示/違反報告)
さくらんぼ双子(プロフ) - ゆいさん» 他の作品も見てくださっているなんて!ありがとうございます!!更新は気まぐれですが頑張りたい所存であります!! (5月15日 3時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
ゆい - さくらんぼ双子様の作品どれも面白いです!こういう軍パロ見たかったのでありがとうございます!(?)更新頑張ってください! (5月15日 3時) (レス) id: a26aa147cb (このIDを非表示/違反報告)
さくらんぼ双子(プロフ) - シュークリームさん» 面白いと言っていただけて嬉しいです(*^^*)更新頑張ります!! (4月30日 19時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さくらんぼ双子 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2022年4月17日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。