占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:962 hit

十二と共に壊れてしまうみんな ページ16

ふぁ。。。。んーお姉ちゃん……は当然まだ寝てるか。
んー外行こー

『んー(背伸び)』

『……』

__________________

銀「ん……あれAどこ行った?」

そら「ふぁ……うっさいなぁ…まだ6時だよぉ〜?」

陽菜「私的には、いつも5時ぐらいには起きてるから遅いと思うよ」

そら「そんなに早く起きてどうするのぉ?」

陽菜「教えない」

そら「あ、わかった。アニメを見る」

陽菜「不正解」

銀「(笑笑)」

銀「てか、お前の妹はどこ行ったんだよ」

そら「んー?知らぬ!」

銀「お前姉失格だろ」

そら「。。。。いや、まぁそうだろね」

銀「あ、機嫌が悪くなった」

そら「……悪くなってないしぃいいいい!」

_________

『(こけてものすごい音をたてる)』

_________
_____


そら「A!?」

『_________ぁ___」

そら「どうしたの?!」

そら「あ。。。。。。」

銀「“シタイ”だな。まだ残ってたのか。」

陽菜「“シタイ”。実際に見るとぐろい」

銀「だな」

そら「……(Aの背中をさすって」

『。。。。はぁ。_________』

陽菜「結構混乱してる」

銀「そうだな」

そら「A落ち着いて?」

銀「あ、」

陽菜「ん?」

銀「今なら姉に見える(小声」

陽菜「確かに」

13号先生って確かいたよな?→←十一夜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 6.7/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白黒 x他3人 | 作者ホームページ:http://vdbfbxb  
作成日時:2017年12月4日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。