占いツクール
検索窓
今日:519 hit、昨日:761 hit、合計:362,482 hit

4、こんにちは、お嬢さん ページ6

zmside

グルッペンから、戦争だと聞いた時は、胸が高鳴った。
今回はどんな役職につけばええんやろなぁ、なんて胸を躍らせ総統室に集まれば、なんとヘリ係。

不満をぶうたれていればどうやら、今回の戦争とは名ばかりで、本質は誘拐のようやった。

「なんや?まーた玩具見つけたんけ?」シッマが顔を顰めてグルッペンに聞く。
「ふ、貴様らこれを見るが良い!!」
なんとも上機嫌に見せつけられたのは、新聞の切り抜き。ここに何が書いてあるん。

「…Aちゃんやんけ!!!!」女に目ざとい大先生が声を荒らげて指さした先には、なんともまあ麗しく可愛らしい女の子。
…ほお、令嬢さんなんけ。そら可愛いわぁ。

「む?大先生知ってたのか」「知ってたも何も!世界中の令嬢集めたって叶わないほどの可愛さって噂なんやぞAちゃんは!!!」
早口で叫ぶ大先生。世界の注目するのも、この子なら納得出来る。

「あー、グルッペンの言いたいこと予想着いたわ。」オスマンがうえぇと眉間に皺を寄せる。
「え、何怖いんだけど。」ひとらんがそんなオスマンの顔を見て不安そうな表情を浮かべた。

「今からこの子を勧誘しに行くで」
疲れが出切った顔でトントンが溜息を吐きながら言う。
「言うと思ったわ。」オスマンがやれやれ、と肩を落とす。
「ほんまぁ!?Aちゃんが俺らの所に来るんけ!」

大先生が嬉しそうにするのも、何故か今はわかる。
こんな可愛い子、来たらそりゃ活気づくやろなぁ。

とまあそこからの行動は早くて、今は俺はその国の上空でヘリを待機させている。

「あーいつらはよ帰ってこんと、撃ち落とされるかもしれへんのになぁ」
と独り言を漏らせば、その瞬間窓から2人と、女の子ひとりが出てくる。

そしてヒモに掴まったので、俺はそのまま引きあげて自分の国へと方向を転換した。

その際に、こちらを見てくる女の子に手榴弾を渡す。恨みがたくさんあるだろうから、ほんの復讐のつもりで、だ。

その子はあろう事か人のいなさそうに投げ込む。
なんやこの子どうしたんやろ、と頭を悩ませれば
『あそこ、宝物庫なんですよね』なんてしれっというから。




余計に興味が湧いてしまったのは言うまでもない。

5、国と幹部とついていけない私→←3、さよならクソ姉貴



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (243 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1043人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , d!
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

雲雀(プロフ) - わらび餅ィさん» なんとも嬉しい言葉…!これからも頑張ります!! (11月28日 18時) (レス) id: 4aed07b718 (このIDを非表示/違反報告)
わらび餅ィ(プロフ) - 雲雀さん» こう言う系あまり読まないからどうだろうとか思ってた自分を殴りたいくらい面白いので頑張ってください! (11月28日 14時) (レス) id: a2949d225d (このIDを非表示/違反報告)
雲雀(プロフ) - わらび餅ィさん» わらび餅さん、返信遅れてしまい申し訳ございません!はわ〜!!ありがとうございます!!これからもどうぞよろしくお願いします!!面白いお話を皆さんに届けられるよう頑張ります!! (11月28日 14時) (レス) id: 4aed07b718 (このIDを非表示/違反報告)
わらび餅ィ(プロフ) - こんばんは!物語面白いからいつも読ませて貰ってます!ランキング1位おめでとう御座います! (11月25日 18時) (レス) id: 41f911fbc7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雲雀 | 作成日時:2020年11月21日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。