占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:26 hit、合計:17,332 hit

白黒無常が引き留める話 ページ11

1000hitありがとうございます

・n番煎じネタ
・ハグネタを考えていただけなんです
・閉鎖空間とノーワンの組み合わせっていいですよね

ダブハンに行くという話しましたよね?昨日相方に落ちられて野人に煽られました。悲しいわぁ………。勝ったからいいですけど


_____________


全ての暗号機がついた音がする。

4人通電。ハンターは白黒無常。

私以外の全員が次吊られたら飛んでしまう。

白黒無常なわけだからワープで1人1人吊っていくのは楽だろう。



……こんなの、私がラストチェイス貰うしかないじゃないですかぁ!

相手にアナウンスあるかどうか分からないため、窓を乗り越え続けて居場所を伝える。更にカラスがついて位置がバレ始めた。



…すると、傘が目の前に飛んできた。

赤い目を爛々と輝かせて黒さんは私に迫る。

カラン

彼が持っているベルを鳴らして一瞬の気持ち悪さと共にどてっ、と転ぶ。

けれど上手く工場内に入れたし、他の皆もゲート待機している。後はハッチを見つけるだけだ。

走って、乗り越えて、走って、乗り越える。

彼らは閉鎖空間を付けているらしく暫く窓からは乗り越えられない。

けれどそれなりに距離は稼いでいるから大丈夫、と思ったその時、もう一度ベルを鳴らされ転ぶ、

そしてその一瞬で1センチの狂いも無く私の目の前に傘が飛んできた。

『…まぁじ?』
「マジですよ。」

未だ輝く赤い目を確認、後ろの窓は未だ閉鎖されている。

「全く…本当に、ここまで追い詰めるのに苦労しましたよ。」

きっと、もう私は吊られてしまうだろう。
ならせめて、

『("早く逃げて!")』

勝ちを拾おう。

「…どうして、そんなに急いでここを離れようとするんですか…?」

少し悲しげな顔をして白さんは迫ってきた。
私はそれを見て駆け出す。

そんな私の腕を白さんは掴んで自らの方へ寄せる。
急激なバランスの変化についていかなかった体は倒れそうになる。

…しかし、倒れる前に白さんが自らの胸に私を押し付けた。

ぎゅ、と痛くないように私を抱きしめているであろう白さんは言った。



「ここにいてください。



_________________永遠に。」

無常と家出する話(現パロ)→←アズラーイール、死の天使


ラッキーアイテム

懐中時計

(会えたら)ラッキー衣装

「仮面紳士」


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
25人がお気に入り
設定キーワード:第五人格 , IdentityV , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ヒカリ(プロフ) - とても好きです尊みがしゅごい…これからも楽しみに待っています! (10月3日 0時) (レス) id: 23ad3e01ef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:からす ここあ | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年10月1日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。