占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:0 hit、合計:14,005 hit

何気に初会話かも ページ26

.

それにしても、何故殺さなかったのだろう。

絶好の好機(チャンス)だったのに。

矢張り師弟は似るもので、芥川さんが先回りで答える。

「……敵でもない子供を殺すほど人を捨てた訳ではない」

「だ、ざい幹部は、相手が死ぬまでって……」

そう云えば、ぎろ、と睨まれる。


「殺されたいのか」


勿論全力で千切れそうなほど首を横に振っておいた。


「……太宰さんの殺す、が本気なのに違いはない。だが、其れを一々真に受けていては、命が幾つ有っても足りぬ」

それって真に受けなくても足りませんよね、というのは抑えた。

要するに真に受けない程度に真に受けろと。
なるほど(わからん)


幸い、肩の出血はそれほど酷くなかったので、破れたシャツを千切って結んでおいた。
寒い。

その後の訓練はほぼ前と同じように進んだ。

流石太宰幹部で、片方だけ半袖スタイルに毛ほども興味を示さなかった。
ちょっと助かった。

坂口安吾→←終わっていなかった



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
128人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:のーと。 | 作成日時:2018年10月1日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。