占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:1 hit、合計:14,668 hit

裁判 37 ページ42







2012年 12月 10日 03時 17分








茜は目をゆっくりと開き、起き上がった。


天馬「茜さん!

お怪我はありませんか?」


茜「し、神童……さん………ですか?」


茜は二人を見て、目を瞬かせ、そばにあった本を取り、立ち上がった。


茜「神童さん。本当に……助けにきてくださったのですね……。」


茜は嬉しそうに微笑み、頬を赤く染めた。











神童「言ったはずです。困った女性を助けるのは英国紳士としては当然だと。」


神童教授はそう言い、頭巾を渡した。


茜「あ、ありがとうございます……//」


茜は神童教授のその言葉を聞くと、ますます頬を赤く染めた。


天馬「俺だって、英国紳士としては当然の…。

あっ……!先生!!さっきのあいつは……!?」


天馬は思い出したような表情をし、周りを見回した。


神童「今のところ、気配は感じられないが…。気をつけるんだ、天馬。」


天馬「はい!早くここから出ましょう!!」


茜「……きっと見つかってしまいます。」


天馬「……えっ?」


天馬が元気よく返事をした瞬間、茜は俯き、ボソッと呟いた。


天馬は茜のその発言を聞いた瞬間、頭に疑問符を浮かべた。











茜「吹雪さんも、私を連れて何度も魔女から
逃げようとしたんです……。

でも。どうしても、その目から逃れることができなくて……。」


茜は絶望的な表情でそう言った。


神童「だ、大丈夫ですよ……!
なんとかなります!……多分…;;」


神童「多分!?」


二人がそんなやりとりをしていた時だった。








ゴオッ………!!








神童「……!!」


何か音がしたので、神童教授達は後ろの通路に振り返った。


よく聞くと、たくさんの足音が聞こえてきた。


それもそのはずだ。


何故なら、さっきの紫のフードをきた人物がたくさんこっちに向かっているからだ。


神童教授達の気配に気づいたのだろう。


茜「まさか……!?」


神童「この気配は……さっきの……。」


神童教授は、さっきの紫のフードを着た人物の気配だと気づいた。











天馬「先生!通路の奥から物音が聞こえてきます!!」


茜「やっぱり……!!」


茜はそう言い、恐怖で顔を歪めた。








裁判 38→←裁判 36


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
22人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブンGO , パロ , 推理、謎解き   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

剣城スノウ(プロフ) - 夜神聖香さん» ですよね!私もプレイしてた時ダバダバ涙流しちゃって(汗) (2013年1月2日 10時) (レス) id: d9c0e69bd5 (このIDを非表示/違反報告)
夜神聖香(プロフ) - すみません2でした (2013年1月2日 1時) (レス) id: e71ddd8108 (このIDを非表示/違反報告)
夜神聖香(プロフ) - クリアしました!弁護席に立つ成歩堂と自分の父を重ねてみてたかと思うと泣けて…。最後のお父さんとの背中合わせも泣けました、、(T . T)【1です】 (2013年1月2日 1時) (レス) id: e71ddd8108 (このIDを非表示/違反報告)
剣城スノウ(プロフ) - 夜神聖香さん» ありがとうございます(^_^) (2012年12月30日 23時) (レス) id: d9c0e69bd5 (このIDを非表示/違反報告)
夜神聖香(プロフ) - 剣城スノウさん» はいっ!もちろんです! (2012年12月30日 22時) (レス) id: e71ddd8108 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:剣城スノウ | 作成日時:2012年12月27日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。