検索窓
今日:12 hit、昨日:1 hit、合計:1,720 hit

11 ページ13

「ほら」

 小声で言われて、はっとする。私は慌ててたまうさの乗った膳を世斃悪(ぜべいあ)様に差し出した。皿に乗せられたたまうさは能天気に笑っている。

 世斃悪(ぜべいあ)様はたまうさをその四本の腕で持ち上げた。たまうさは楽しそうにたまたま鳴いている。

 世斃悪(ぜべいあ)様もそれにつられてか、にたぁと唇の端をおかしいくらいに吊り上げた。

「可愛いわね。じゃあ、いただきまーす」

 次の瞬間、たまうさの丸い身体が欠けた。世斃悪(ぜべいあ)様の口の中に……たまうさの欠けた部分が見える。ぐちゃぐちゃと、世斃悪(ぜべいあ)様の口から音が響く。

 たまうさは何が起こったのか分からなかったみたいだった。ただ笑顔でたまたま鳴いているだけだ。

 ぐちゃ、ぐちゃ。たまうさが世斃悪(ぜべいあ)様の口で千切られていく。あっという間にたまうさはばらばらになって、世斃悪(ぜべいあ)様の口の中に収まった。

 私はわけが分からなくて、何も言えなかった。あれは、何をしているんだろう?たまうさはどうなるんだろう。どうなったんだろう。だって、知らないのだ。あんな風にばらばらになったら、どうなるのかなんて。

「ご馳走様。甘くて美味しいわねぇ、これ」

「ありがとうございます、世斃悪(ぜべいあ)様」

 世斃悪(ぜべいあ)様はけらけら笑っている。世斃悪(ぜべいあ)様に礼を言った阿月(あづき)様も笑っていた。

12→←10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 6.4/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
5人がお気に入り
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミクミキ(プロフ) - ぱるむのお部屋さん» ありがとうございます!励みになります (6月30日 21時) (レス) id: bce403cc8a (このIDを非表示/違反報告)
ぱるむのお部屋(プロフ) - たまうさかわいい〜イラストもとてもかわいくて素敵ですね!これからも頑張ってください! (6月30日 20時) (レス) id: 0955046302 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミクミキ | 作者ホームページ:http  
作成日時:2022年6月27日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。