占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:9 hit、合計:10,291 hit

Mine ページ47

ペンギンショーは終わり、館内を一周し終わったところで水族館を出る。



肌寒い風が頬を撫で、彼女は無意識なのか、握っている手を少し強め、にひひとはにかむように笑った。



外に出て数歩歩くと、彼女はくしゅんと小さく身震いしながらくしゃみを一つ。



風邪をひかせてはいけない、と自身のコートを脱ぎ、彼女の肩にかける。



私「 え、あ、はっちも寒いんじゃ … 」


八野「 車までそう遠くないし、気にしなくていいよ 」



肩にかかったコートを落とさないよう両手で抑え、あったかい… と口元を綻ばせて呟いた。



風から逃げる様に車に入り込み、鍵を回してエンジンをかけ、目的地を目指してアクセルを踏んだ。



………………


………






私「 わあ!綺麗! 」



それこそ目を宝石のように輝かせて、ガラスケース越しからブレスレットやネックレスを覗き見る。



この人の為なら何でも買いそうな自分がいたが、彼女は自ら値段制限を作っていて、どんな素敵な物でも、値段を見るなりプイッと視線を変えるのだ。



それを横から観察してるのがまあ楽しい。



私「 あ、これ、いいなあ! 」



俺の袖を数回引っ張り、なになに?と指で指された物に視線を移す。



値段は大分お得な物であったが、実に煌びやかで美しく、且つ俺が付けても問題なさそうなほどシンプルなものであった。



八野「 へえ、凄いホント綺麗だね。これでいいの? 」



俺のコートを揺らしながらコクコクと頷く。



じゃあ買うか、とレジに向かおうとした時、



私「 お揃いにし、したいなあ … って。」



あまりアクセサリーを身に付けるのは好きじゃないけど、モジモジとあざとく視線を逸らしてオネダリされたら、YES以外の答えなんて言うわけが無いだろ。



二人分のブレスレットをカードで支払って購入し、Aは早速浮かれながら自身の左手首につける。


俺も右手首に彼女と同様に身に付ける。



八野「 … あっ、ごめんA、先に車戻っててもらっていい? 」



店を出て数メートル。まるで 何かを忘れたかのように 車の鍵を手渡す。



彼女は1つの疑問も持たず、素直にうんと朗らかに笑う。



彼女が見てない間に買わなければいけないものがあり、再度元の店へ駆け込んだ。

▽____→←▽____



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (32 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
55人がお気に入り
設定キーワード:ナポリの男たち , 実況者 , hacchi
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年2月2日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。