占いツクール
検索窓
今日:41 hit、昨日:5 hit、合計:1,251 hit

第四十七話 楽しいお茶会 ページ48

「アミタ」

「あ、リッドおかえりなさい!」

アミエリタはステファニーの姿に気づくとそっと笑った

「そっちは初めてだね、はじめまして。私はアミエリタっていうの。気軽にアミタって呼んでね」

「はじめまして。ステファニーと申します。わたくしのことはステフとお呼びください」

アストリッドはアミエリタのベッドに腰掛けた

「ね?仲直り出来たでしょう?」

「うん」

「あの、ところでアリスさん、ここは一体・・・アミタさんも、何者なのですか?」

「ねぇローレンヌの片割れ。って言えばわかる?」

「片割れ・・・あぁ、ではあなたが世界の理を担う者、アミエリタですのね」

「そうよ、いつまでたっても挨拶に来ないんだもの。テオがいなくなって随分たつのに・・・忘れられたのかって心配したわ」

「ごめんなさい、でも私にはここにどうやって来たらいいのかわからなかったのです」

「ぁ・・・ねぇ、まさかとは思うけど、テオに遊ばれたのね?大事なことはあんまり言わない人だったもの」

呆れたようにため息をつくアミエリタ

「ステフ、お茶冷めちゃうよ?」

「あぁそうでしたわね」

「?」

二人の会話が理解できないのかきょとん首をかしげる

「あのね、ケーキを飾ったの。でね、他にもお茶を入れてみたの!だからアミタに食べてもらいたいの!」

「私に?わぁ、リッドが?じゃあ、3人分の椅子と机を出すね!」

パァッと顔を輝かせ指で陣を描き何もない空間から机や椅子を3人分出す
その行為を見たステファニーは驚き目を丸くした

「ステフ、準備をしよう!せっかく入れたお茶が冷めちゃうよ」

「あらそうでしたわね」

食器を並べ、準備をする

「リッド一人で入れたの?」

「うんん、そもそもお城に食べるところとか、お料理するところなんてないから全然わかんなくて、ステフに全部教えてもらったんだ、よしできた!・・・どう?アミタ」

「わぁ、すごく綺麗!ねぇ、ケーキはスティフィーが焼いたのね?」

「スティフィー・・・アミタ、すごい愛称ね」

「えぇ、お菓子作りをよくしますの。よろしければまた焼いて差し上げますわ」

「本当?楽しみにしているわ!さぁ、いただいてもいいかしら?」

「どうぞ」

切り分けたケーキを頬張る

「わぁ、すっごくおいしい!スティフィーは上手ね」

「ありがとうございます」

三人の楽しいお茶会はしばらく続いた

第四十八話 小さな異変→←第四十六話 仲直り



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 魔女 , キャラ指定あり , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ストゥアート(プロフ) - 昔少女さん» コメントありがとうございます。更新頻度は遅いですが、楽しんでいただければ幸いです。これからもよろしくお願いします。 (10月22日 14時) (レス) id: df3bdd8f8f (このIDを非表示/違反報告)
昔少女 - あなたの生み出す想像の世界を私も漂っています。 (9月17日 15時) (レス) id: f6820b1fd8 (このIDを非表示/違反報告)
ストゥアート(プロフ) - エリザさん» ありがとうございます。今週は期末試験期間なのでほとんど更新ができませんがこれからもよろしくお願いします。 (2016年7月25日 20時) (レス) id: df3bdd8f8f (このIDを非表示/違反報告)
エリザ - 更新まっています(^_^)/~ (2016年7月25日 11時) (レス) id: fa956406d7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ストゥアート | 作成日時:2016年7月4日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。