占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:195,375 hit

ゆーざー1 ページ2

__いくら3年生になったからって、
いきなりその自覚が持てるわけではない。

新しい担任の先生は、受験生としての自覚」だの「最上級生としての自覚」だの色々語ってるけれど、一体どのくらいの生徒がその話を真剣に、「自覚」を持って聞いているのだろうか。

桜は満開で、あたたかな日。
一年生の入学式兼始業式後の、新クラスでの最初の学級活動の最中。
 
私は窓際。
わずかに開いた窓から春らしい香りとさわやかな風が漏れ、それを心地よく感じつつ、先生の話を右から左に流している。

皆も、それなりにそわそわしている。
 
けれど、私の頭はおそらく皆とは違うところへすっ飛んでいる。

今日はお兄ちゃんも入学式かぁ、とか、今日の夜放送される番組とか、__占ツクのこととか。

言ってしまえば、私は本当に「中学3年生としての自覚」にまだまだ欠けている。
 
そう、占ツクといえば。
春休み中にコンビニ前で遭遇した、女子Bちゃん。

占ツクで作者をやっているらしい彼女と、
またも同じクラスになった。席も、少し間を空けて隣。

あの時の談笑を思い浮かべつつなんとなく視線を女子Bちゃんに向けると、彼女も気付いて微笑んでくれた。

女子Bちゃんは、占ツクでどんな活動をしているのだろうか。
そもそも、私は女子Bちゃんのことをあまりよく知らない。意外にアニメ好きだったりして、なんて。

とりあえず、先生のどうでもいい話が済んで全てが終わったら、女子Bちゃんと数日ぶりの会話をしてみようと思った。

それから、私も占ツクをやっているって、打明けてみようかなとか、思案した。

ゆーざー2→←おさらい



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (637 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
432人がお気に入り
設定キーワード:占ツク , 占いツクール , 占ツク学園入学キボンヌ , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

シリウス(プロフ) - よし、更新来た!後輩A、先輩の個人情報を掲示板に載せるとか…下手したら自分も特定されるかもしれないのに…こいつはネットやるべきじゃない(確信) (2017年2月16日 19時) (レス) id: 85292224f5 (このIDを非表示/違反報告)
シリウス(プロフ) - 冥界の管理人/風亜さん» あんなんが葉っぱに溢れ返ったら…どうなるか想像したくないですね… (2017年2月16日 0時) (レス) id: 85292224f5 (このIDを非表示/違反報告)
冥界の管理人/風亜(プロフ) - シリウスさん» この話では、無法地帯なフリー掲示板に無秩序なスレが立ってしまって、手に負えない状態なようです……こんなことが起きなければいいなあと思っています……(ノД`) (2017年2月16日 0時) (レス) id: bb8e6c546c (このIDを非表示/違反報告)
シリウス(プロフ) - 信者がいるから嫌われるのにね…後輩A最悪です…あと、本物の晒しスレは暴言ダメだけどね。 (2017年2月15日 23時) (レス) id: 85292224f5 (このIDを非表示/違反報告)
Rihu(プロフ) - 後輩Aをに(サッカーで培った)蹴りでもかましてやりたいです(((((( (2017年2月15日 20時) (レス) id: 69d8711b64 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:風亜/冥界の管理人 x他1人 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/huua/  
作成日時:2014年4月6日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。