占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:6 hit、合計:36,549 hit

16時間目 ページ21

Noside

修学旅行が無事終わり普通の人は自宅へ帰るだろうしかし

無一郎は物凄い速度で自分の屋敷ではなくとある屋敷へと走って行く

ガラララララララ!!

時「宇髄さん聞いて!!」

宇「…お、おう派手にどうした…(そういえば修学旅行が終わったんだったな)」

無一郎の相談役(苦労人でありツッコミ役)である宇髄さんは今日も酷い目に会いそうだ(誰かこの役を変わってくれby宇髄)

時「柚子と今週の休日にね鍛錬する約束をしたんだ!!はぁ〜今から楽しみ過ぎて切腹できそう」

宇「まてまてまてまて!!お前七瀬と会う前に死んどうする!!
というかお前やっと七瀬を家に呼べたんだな!!」

宇髄さんの言う通り無一郎は今まで自分の家に七瀬を呼んだことがない

時「え〜、だってそれ以外の方法で柚子を家に呼ぶ方法なんて…宇「普通にお茶菓子貰ったから一緒にお茶しませんか?とかって言えば良いだろ」あ、確かに」

宇「確かにって…なんでお前は今も昔も変わらないんだ(ボソッ)というかなんでこのタイミングで鍛錬に誘おうと思ったんだ?」

時「あー…それは実は柚子が…かくかくしかじかでそれでこのタイミングなら柚子の何時も謙虚で可愛い行動も変わって誘いに乗ってくれるかな〜って」

宇「あー…鬼の頸が切れなかったってそんなにそいつの頸硬かったのか?」

時「それがその鬼の血鬼術の付属効果〜見たいな事言ってたけど…多分柚子の事だし話聞いて無さそうだね」

宇「確かに…ガララ『すみませーん!宇髄さん居ますかー!』は?」

時「えっ…なんで柚子が…たまたま宇髄さんの家の前を通り過ぎるだけかと思ってたのに…まさか宇髄さん」

宇「なんでお前は七瀬の居場所がわかってんだよ!!というかその顔やめろ!そんな顔で見るな!!一応言っとくが派手に違うからな!!『あれ…居ないんでしょうか…』とりあえずお前は派手に隠れとけ」

時「わかってるよ」

宇「今、派手に行くぜー!!」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

誰得情報作者のTwitterIDです。良かったらどうぞ

@SnowSakura1104

名前もしらせでやっております。

17時間目→←15時間目 相談の時間2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (58 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
126人がお気に入り
設定キーワード:暗殺教室 , 鬼滅の刃 , 時透無一郎   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神崎葵。(プロフ) - 投稿お疲れ様です!とても面白いです!続き待ってます! (4月12日 11時) (レス) id: 5d39630b57 (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - 面白いです!続き楽しみにしています! (3月31日 11時) (レス) id: 104d0cd352 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しらせ | 作成日時:2020年3月30日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。