占いツクール
検索窓
今日:106 hit、昨日:16 hit、合計:61,937 hit

・・22・・ ページ22



手術をしないと、先へは進めないのだろうか?
病院のロビーで大野と2人黙ったまま座っている。
そこへ、相葉の目を診てくれている医師がやって来た。
強い薬だが、肉芽腫を小さくしてくれる。
だが、吐き気や身体のだるさが副作用として出ると言う。
それでも、肉芽腫が小さくなってくれるのなら試してみたいと相葉は言った。


「おーちゃん、小さくなるんだって」
「副作用もきついぞ」
「頑張る、手術で失敗するよりいいもん」
「じゃぁ、試してみるか?」
「うん」


薬をもらって帰って来た。
具合が悪かったら、店は休みにしろと大野は言う。
相葉も、月曜日以外の日は少しゆっくりしようと決めた。
副作用がどれほどか判らないし、仕事なんか出来る状態じゃないかもしれないからだ。
店は休みたくないのが本音。
だが、目を守る事の方が大事なのだ。


目を守るためだと思い、飲み始めた薬。
予想以上だった。
一日中、吐き気が襲う。
ベッドから起き上がれない日もある。
月曜日は薬を飲むのを止めた。
でないと動けない。


「雅紀、顔色良くないな」
「まーくん、少し痩せましたか?」
「ん〜〜、薬の所為かなぁ」
「店はどうしてるんだ?」
「朝、薬を飲んでみて頑張れそうなら開けてる」
「無理するなよ?」
「じゃぁ、花はいらない?」
「いや・・それは困る」
「くふふっ、考えて飲んでるから大丈夫」
「市場にも行くんでしょう?」
「おーちゃんが一緒に行ってくれる」
「早朝に?」
「うん、眠い〜〜〜とか言いながら」
「大丈夫なんですか?」
「うん、俺の目を気にしてくれてるから一緒に行くって言ったのおーちゃんだもん」
「頼もしいですね」
「智くんも大変だ(笑)」


相葉も最初は断ったのだが、副作用が心配だからと付いて来てくれる。
有難く申し出を受け、今では2人で行くのが当たり前になってしまった。

・・23・・→←・・21・・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (190 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
358人がお気に入り
設定キーワード:
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

SEN(プロフ) - はっしーさん» 読んで頂きありがとうございました。お花大好きです。うちは山野草が好きなのです。こちらの彼のようにお客さんに接する事はないけど、花が好きな所だけは似てるかも。うちの話だと言って頂き嬉しく思います。ありがとうね。 (3月15日 7時) (レス) id: 81a5a7e5b5 (このIDを非表示/違反報告)
はっしー(プロフ) - SENさん、本当にお花が好きなんですね。お花を見つめる相葉さんの優しい眼差しが、お会いしたこともないけれどSENさんと重なって見えました。すみません、お会いしたこともないのに変ですよね。でも、こちらのお話はSENさんご自身のお話だと思いました。 (3月15日 2時) (レス) id: 6a89c59bf2 (このIDを非表示/違反報告)
櫻宮 - 返信ありがとうございます。そうですね。次回作も楽しみにしています。 (3月13日 1時) (レス) id: 95d5f07b44 (このIDを非表示/違反報告)
SEN(プロフ) - 櫻宮さん» 読んで頂きありがとうございました。彼の笑顔は最高です。きっと楽しくお店を続けていくと思います。 (3月12日 21時) (レス) id: 81a5a7e5b5 (このIDを非表示/違反報告)
櫻宮 - こんなに感動するお話初めてです。ありがとうございます。彼の長所は笑顔だと思います。これから彼は仲間とともにお店を続けるのかな?どこかでお会いできますように… (3月12日 18時) (レス) id: 95d5f07b44 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:SEN | 作成日時:2020年2月23日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。