占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:33 hit、合計:59,316 hit

五七七 ページ27

コメントくださると盛大に喜びます。もしかしたら更新頻度上がって完結までびゅーんかも((((

.



 盛大にむせていると、戸がバンッと開けられ名前を叫ばれた。
 それは久しく見ることは叶わなかった珍しく焦った顔をした信長だった。


「Aっ!!」

「う゛ぇっ信長…?」


 視線が交わった。そして、信長は俺の手から落ちた杯を見付けて、ただむせただけだったのか、と理解するや否や背を向けて出て行こうとする。
 俺は零れた酒なんぞ気にも止めず、立ち上がって直ぐに信長の袖を掴み引き止めた。


「ちょっと…!待てよ信長!!」

「うるさい騒ぐな。貴様に用はない」

「嘘ついてんじゃねえぞ。ンなので俺が騙されるほど馬鹿じゃねぇ、こっち向けよ」


 言ったところで信長は俺の方を向くことは無かった。でも、信長は俺の手を振り払わないのだから俺は引かない。


「…たまにここに来てたの信長だろ。俺が気付かなかった時も来てたんだろ」

「……」

「次会ったら、信長のこと直接ぶん殴ってやるってずっと思ってた。だからこっち向けよ」


 信長は何も言わなかった。が、しばらくして振り返って俺を見下ろす。殴ろうと本気で思ってたのに、狂犬のような目をしているくせに不器用にしか人を愛せない人の温もりを忘れかけた信長を殴る気なんて失せた。
 ずっと無表情な信長の頬に触れた。冷たかった。そりゃこんな冬の寒い正月前に着流しだけの薄着で離れまで来たらそうだよな。


「…やっぱ無理だったわ」


 信長に抱き着いた。冷え切った身体があまりにも寂しく感じる。信長も身体を丸めてゆっくり力強く俺の身体を抱き締めた。


「A、一晩だけでいい。俺と共にいろ」

「……元々俺は信長とずっと一緒にいるつもりだ」

「そうか」


 離れに戻り、また酒を少し信長と交わした。会話はあまり弾まない。でも、今に始まったことじゃないか。


「ロクに酒も飲めなかった奴が慣れたものだな」

「…あん時は若すぎたんだよ」


 初夜の話だ。行為のことではなく、俺が織田に来た日の夜、信長の酒に付き合って早々に潰れて部屋まで運ばれた話だ。事実俺はあの時17歳だったはずだから酒は全く慣れていなかった。仕方ないだろう。
 
 城の方ではまだ騒がしい言葉が聞こえるが、その空間はやけに静かに感じた。


「A」

「ん」


 返事をすれば、信長は部屋の灯りを消した。



.
もう少しで完結か…ホロホロリ

五七八→←五七六



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (123 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
215人がお気に入り
設定タグ:戦国時代 , 男主 , BL   
作品ジャンル:ギャグ, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

愛之助(プロフ) - パパゴラスさん» ウッッッッありがとうございます!末代まで語り継ぎます() あと少し(?)頑張ります! (9月2日 16時) (レス) id: 71bd857e36 (このIDを非表示/違反報告)
パパゴラス(プロフ) - もう少しで完結と聞いてなきました。読んでると胸が締め付けられて…もう…もう…(語彙力の崩壊)頑張ってください! (8月31日 9時) (レス) id: 665c1b4e56 (このIDを非表示/違反報告)
愛之助(プロフ) - 如月真さん» アーッ!奥様イケマセン…私も貴方のことが好きです…(?)(((失礼しました。本当に嬉しい限りです!!ゆっくりゆっくり気長に最後までお付き合い下さると嬉しいです! (8月29日 23時) (レス) id: 71bd857e36 (このIDを非表示/違反報告)
愛之助(プロフ) - 名無しさん» 爆発してますか!!?それはとても嬉しいです(血涙) もう少し…なんですよ…何だかノロノロやってたのが寂しく感じてきます…笑 ありがとうございます!無理せず頑張ります! (8月29日 23時) (レス) id: 71bd857e36 (このIDを非表示/違反報告)
如月真(プロフ) - 好き… (8月29日 20時) (レス) id: 57a41376e4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:愛之助(元大手裏剣) | 作成日時:2020年8月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。