占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:80 hit、合計:60,411 hit

84. ページ34

そして不動を新しく入れ、後半戦が始ろうとしていた。







皆は不動に少し不安を抱いていた。








『不動』








不「あぁ?」







『期待してる』







不「!」








Aはそれだけ言うとポジションに戻った。








そして試合開始のホイッスルが鳴り響いた。








南雲が上がりそこに交代したばかりの不動がボールを奪いに向かった。








そして不動は駆け引きを使った頭脳プレーで南雲からボールを奪った。









そして不動の前にDFが立ち塞がる。









不動は急に方向転換し下がっていく。その時、不動が壁山に向けボールを蹴った。








その蹴ったボールは壁山にぶつかりそして跳ね返ったボールを不動がまたキャッチした。








そして今度は風丸にボールをぶつけまた相手を躱した。








『風丸、大丈夫か?』








風「大丈夫だっ、Aあいつをどうにかしなくていいのかっ?」








『……』








Aは不動を見て何も答えなかった。








そして不動はそのまま一人でゴール前にあがりそのままシュートを決めた。だがそれは受け止められる。








風「不動!なんでヒロトに回さなかった!何故パスしない?」









不「うるせぇな。どうしようと俺の勝手だ」








風「なんだとっ!」








不「熱くなんなよ、風丸クン?」







風「っ!」









『落ち着いて風丸。不動も挑発するような言い方はよせ』









不「はいはい、女神様の言う通りにしますよ」









そう言うと不動はポジションに戻った。

85.→←83.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (26 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
48人がお気に入り
設定キーワード:イナイレ , FFI , 逆ハー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

時雨(プロフ) - とても好きです(*´艸`)応援しています! (6月15日 21時) (レス) id: a401ac38d3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:梅こんぶ | 作成日時:2019年3月29日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。