占いツクール
検索窓
今日:235 hit、昨日:357 hit、合計:52,217 hit

第三十六話[座右の銘] ページ41

若い警官___

杉本巡査の推理(言い分)に
何かを感じた私と太宰は推理の続きを聞いた


「もしかすると先輩は
捜査で対立したマフィアに殺され___」


「『違う/違うよ』」


「え.......?」


あらやっぱり被ったわ
杉本巡査も驚いていらっしゃる


乱歩さんにいたっては「ほう」みたいな顔


「矢張りAちゃんも解っていたのだね?
説明したいかい?」


ええ勿論ですよ解っていましたとも、


『でも説明はしたくない』


「おや、では私が説明しよう」


『是非お願いします』←


「___いいかい?
マフィアの報復の手口は身分証と同じだ
細部が身分を証明する


マフィアの手口は
まず裏切り者に敷石を噛ませて
後頭部を蹴りつけ顎を破壊

激痛に悶える犠牲者をひっくり返して





胸に三発」


人の口から説明されると相当グロテスクだな


敦も「うえっ」って.......
可愛いな反応が、


「た 確かに正確にはそうですが.....」


"正確には"?


「この手口
マフィアに似てるがマフィアじゃない


つまり___」


『犯人の偽造工作ってことになる訳です
お分かりですか?警部さん』


すみません毒を含みました


「そんな....
偽造の為だけに
遺骸に二発も撃つなんて(・・・・・・・・・・・)


『ッ!』


「ぶ〜〜〜!」


乱歩さんの合図と共に馬鹿げた推理が終わる









あーあ。
また勘が中った。


"正確にはそうですが"

"遺骸に二発も撃つなんて"



『.......下手くそかよ(ボソッ)』


「!」


太宰だけに聞こえるようにわざと呟いた


恐らく乱歩さんはもうとっくに解っていたのだろう


じゃなきゃ本人に頼まない(・・・・・・・・・・・・)


「はい時間切れー」


あっはっはっは
と笑う乱歩さんは何処か楽しそうだった


また上の空になっていた間に
警部に文句をいわれていた


.......早く頼めばいいのに


然も仕舞いには座右の銘まで断言している


江戸川乱歩
座右の銘[僕がよければすべてよし]


うん、納得←


太宰治
座右の銘[清く明るく元気な自 殺]


いい加減ソレから離れろよ.......


中島敦
座右の銘[生きているならいいじゃない]


あ、分かるそれ←


ちなみに私は.......









[越えられない壁は消してみよう]









意味?





























そのまんまだよ。

第三十七話[彼と彼女の時計]→←急ですがお知らせ


ラッキーカラー

あずきいろ


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
50人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蒼花 | 作成日時:2019年5月23日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。