占いツクール
検索窓
今日:168 hit、昨日:332 hit、合計:50,356 hit

第二十七話[白と黒と灰色] ページ30

コツ...


コツ...


何か(・・)が近付いて来る


コツ...


コツ...


其の何か(・・)の足音は
私の真後ろで止まった


「__________」


何を云っているのか善く聴こえない


「______ ___」



はっきり云って欲しい
私は其れ(・・)が知りたい


お前は誰だ(・・・・・)


「..............



ワタシハ






ワタシノナマエハ






マダ、イエナイ






デモ...









"早ク目ヲ覚マシテ、








______A"」




バチィッ!!



『.....ぁ"ッ!!!』



ガバッ



まるで侵蝕された様な感覚に
私は目を覚まし飛び起きる
顔は青ざめ、汗だくになっていた



『......何、今の。』



気がつけば私は自分の部屋にいた







............のでは無く



『此処は......探偵社の医務室?』



自分が今何処に居るのかを確認した途端
頭がすっきり整理されてきた



確かに昨日、私と敦は
ポートマフィアの樋口と芥川と戦った


極限状態でトランス状態に成り、
もう少しでも決着が着く...


其の瞬間に太宰が現れたのだ


『.........私、


矢ッ張り...』


"人助けには向いていないのかもな"


そう考えてしまった時だった



「ギャァァァァアアアア!!!!!」



『!?!?!?』


何々何々何々何何々何々何々何々←


【隣の部屋から悲鳴が聴こえた!】


>>聞こえないふり

>>見に行く

>>身の危険を感じたから逃げる←


何だ最後の選択肢...


ただ身の危険を感じたのは確かだ。
自分の勘は中る
然し好奇心に勝てず、私はそっと隣の部屋を覗いた


そこに居たのは.........



「暴れんじゃないよォ!!」


なんとチェーンソーを振り回す
某探偵社のY女医先生



『............あ、私死んだ』←


以前太宰に聞いていた
探偵社の社員の一人、与謝野晶子は
極めて珍しい治癒能力者だと。


だからと云ってその治し方は駄目でしょ←


身の危険とは之か...
ちなみに悲鳴は続いている
其の悲鳴の声の主は谷崎さんだった


「ギッギャアッ、や、止め、ギャァァァァアアアア!!」


私はそっと手を合わせた←
バレないうちに帰ろうとした時だった


「ぎゃぁぁぁああああ..あっ」←


『..................』


何だ今の。←


頭の中で危険信号が鳴る
逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ←と。


然し、
其れも叶わなかった


『............ひっ』


「治療しようかァ...





A?ニッコリ」




死んだ←

第二十八話[運命論者の悲み]→←第二十六話[信じたくない勘]


ラッキーカラー

あずきいろ


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
49人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蒼花 | 作成日時:2019年5月23日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。