占いツクール
検索窓
今日:106 hit、昨日:30 hit、合計:12,999 hit

あれ、あれ、あれ... ページ28

「ん〜、あれ、あれ、あれ…」


中也「どうしたんだ?」


「私の、私の、

____ナイフとか、武器ない…?」


あれ、あれ?どうして?


普段は教室を鍵で閉めてるし、


入るなって脅したし、


閉めてないってことはないし、


どうして、どうして…?


野田ちゃん?いや、マネちゃんとかといるし、


「…っ、ど、しよ」


中也「キリカ、大丈夫だ。
まず、高校生が持ってるってことはないと

思うぜ?素人が銃をつかうなんて、肩を
壊すと思うしな」


「…ねぇ、敵がもうきて、たりし、ない?」


中也「いや、来るとしたら最終日じゃ…」


わからない。


わからない、わからない、わからない。


もう、大事な人を失くしたくない。


太宰さんに言わなきゃ…、


っていつまで頼ってんだよ!!?


いつも困った時に、


太宰さん、太宰さんって呼ぶのはおかしいだろ


「…く、ァ」


ガンガン頭を壁にぶつける。


なにか、なにか、…ないの?


「…さーめた♪」


中也「あぁ!?てめぇ、頭から血が出てるぞ」


「はやく安全なとこに連れてかなきゃ」


中也「…キリカ!!」


私は、ぐいっと中也に引っ張られる。


恐らく、「無理だけはすんな」


って伝えたいんだろう。


でも、なんのために与謝野さんを呼んだの?


私が無茶していいためと、みんなを守るため。


「ごめん、無茶する。

____敵を向い撃つから」


私は、中也の腕を振りほどいた。


例え、中也が悲しそうな顔をしていても、


私は振り返ることはなかった。









中也「くそっ…、俺はまた守れねぇのか?」

無茶といえば→←ははん



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
69人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 文スト , 青葉城西
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

アリス - あんぶれむさん» 羽取って剣にして闘う、でも良いかも。暴走時、剣術、体術の腕が上がり、羽を敵に飛ばしながら倒すて感じ?太宰の『人間失格』で暴走止めて受け止めた時太「…何だろう、この子保護したくなる…」夢主「でしょ!?」みたいな会話してたり (8月25日 21時) (携帯から) (レス) id: 5b0fbd2365 (このIDを非表示/違反報告)
エルルカ - 更新楽しみに待ってます! (8月17日 13時) (携帯から) (レス) id: 5b0fbd2365 (このIDを非表示/違反報告)
あんぶれむ(プロフ) - エルルカさん» おぉ!そういうことですね!なるべくそっちにむかえられるように頑張ります!! (8月17日 13時) (レス) id: 6b2792feaa (このIDを非表示/違反報告)
エルルカ - あんぶれむさん» 文字の色は黒で、暴走の時は光が宿らず黒く澱んだ瞳でお願いします!それで太宰が暴走を止めて、倒れそうになるのを太宰が受け止める、て感じで!!暴走した理由は主将達が敵に襲われて、頭が真っ白になってーみたいな? (8月17日 8時) (携帯から) (レス) id: 5b0fbd2365 (このIDを非表示/違反報告)
あんぶれむ(プロフ) - エルルカさん» 日向のリクエスト遅くなってすみません!文字は、黒ですよね?すみません、理解能力がなくって...。 (8月16日 19時) (レス) id: 6b2792feaa (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あんぶれむ | 作成日時:2018年8月9日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。