占いツクール
検索窓
今日:114 hit、昨日:266 hit、合計:197,192 hit

5,1 黄瀬と梨央 ページ43

___悪夢編


【梨央side】


合宿が終わって数日経った



今は涼太と一緒に下校中



もうすぐ全中があるからってこともあるけど、最近私は考えとることがある



それは…



黄瀬「梨央っち、また考えてるんスか?才能の事……」



そう、才能開花についてや



沙穂も直海も才能開花してしまった今……他のメンバーもすぐに開花しないとは言えない……



勿論私も……



私は沙穂程頭が良くないから、自分の才能については分からない



まあ、何となく予想はついてるけど……



おそらく私の持っている力やろうな……



涼太には話しておくべきやろか……



梨央「……涼太…話すね…私の持っとる力の事……」



黄瀬「……!…でも……」



梨央「ええよ……私の力は______」


___


涼太は黙って聞いていてくれた



私の力の事…



私がバスケを始めた時の事…



言い終わると私を思い切り抱き締めた



黄瀬「……そんな事……言ってくれれば良かったのに……どうりで梨央っちには勝てないと思ったッスよ……」



梨央「うん、でも涼太…聞いてくれてありがとう。私に何かあったら、涼太……よろしく。涼太がそうなったら……私が涼太を落ち着かせてあげる……」



黄瀬「!……ありがとッス!」



梨央「よし、帰るで!」



ちなみに今は公園のベンチ……で、手を繋いで話を聞いてくれていた



私の家の目の前に来た



黄瀬「じゃあ、また明日!!」



梨央「あ……涼太!」



涼太を呼び止めて頬にキスをした



梨央「聞いてくれてありがとね。じゃあね〜!」



黄瀬「……ボソッ今のは反則ッスよ……ああ、もう、ずっと一緒にいたいッスね……あのメンバーで……」







それが叶わなくなるまで……あと数日

5,2 松北中学校→←5,0 悪夢編プロローグ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.5/10 (51 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
164人がお気に入り
設定キーワード:黒バス , キセキの世代 , 帝光中女バス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - RiRさん» ありがとうございます!この作品初作だったので最初の方はまだキャラが定まってなかったんですよwでも可愛い、好きだってくださってありがとうございます! (9月26日 22時) (レス) id: 2e2d69576b (このIDを非表示/違反報告)
RiR - 赤司くんが、赤司くんが可愛いすぎてもう神か!ありがとうございますm(_ _)mありがとうございますm(_ _)m好きだあああ!ほんとありがとうございます。これからもよろしくお願いします。長文失礼致しました (9月26日 17時) (レス) id: 6882897af8 (このIDを非表示/違反報告)
高波湊(プロフ) - たまみさん» あ、勿論知ってますよ。ポイントガードとパワーフォワードをあわせもつポジションがあるんです(インサイドでPGする人) (2019年4月13日 19時) (レス) id: 2e2d69576b (このIDを非表示/違反報告)
たまみ - PFはパワーフォワードですよ。 (2019年4月13日 16時) (レス) id: e2c17733ec (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2018年8月14日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。