占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:28 hit、合計:7,055 hit

その8 ページ11

紙の内容は私が寝る前書いたものと、何かと細かい情報まで書かれていた

私が書いた情報よりかなり正確かつ簡潔である

ちなみに私は容姿ももっと細かく「美少女」とか「肌が綺麗」だとかほかにもわがままをかなり書いた

流石にそこまではしてくれなかったらしい...

その代わりといっては何だが、「まふまふと同じマンション」という私の書いていないおまけ情報が書かれていた

かなりありがたい...


するとだんだん周りが見えるようになってきた

私は少し高いベッドの上に座っていて、斜め前には勉強机と思われる机と椅子があった

ベッドの隣には三段で低めの棚。部屋の真ん中にはカーペットと小さな机があった

不思議なことに窓はない。さっきの光は何だったんだろ...

まぁ、トリップしてる時点でおかしいか

そういえば今日は入学式なんだっけ?

時間を見ると、今は6時30分だった

入学式の日程ってどんな感じなんだろ...

きっと何処かにプリントでも何でもあるはず

ベッドから降りて机の近くを探す

『あ、これかな』

中を見ると、御入学おめでとうございますと言う明朝体の文字から始まっていた

どうやら9時から受付らしい

遅い気がするが、それは作者が馬鹿だから仕方ない←作「冷静な顔で言わないで!?」

とにかくこれから準備をしないと

ベッドのある壁側にクローゼットがあったので、そこを開く。すると茶色がベースの制服が掛かっていた

浜田の制服だった

「ほんとにトリップしたんだ...」

まだ実感が沸かない

でも、今知らない場所にいることが証拠だ

『まだ心配なこと多いし、何も分からないけど、今やるべき事をやろう』

そう考え、制服に着替えた

扉の隣にある鏡まで行って見てみると、白髪の美少女が立っていた

『めっちゃ可愛いじゃん...』

どうやら願いはすべて叶えて貰っていたみたい。ありがとうございます


それから、まずはほかの部屋に行こうと思って部屋を出る

なんだか冒険してるみたい!

わくわくしながら廊下に出ると、右が曲がり角になっていて、突き当たりにはドアがあった

左にもあと3部屋くらいあって、一番先にはリビングにつながってるであろう半透明のドア

『広っ』

なんて軽い突っ込みをしながらもリビングへ向かう

その9→←その7



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
39人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

願叶 - ありがとうございます!浦島坂田船は私も大好きなので、勿論出す予定ですよ!いつ出すかは未定ですけど、楽しみにしていてください! (5月8日 17時) (レス) id: a59083d6d5 (このIDを非表示/違反報告)
瑠珂(プロフ) - kzと歌い手さんのコラボ凄く好きなのでこの先も楽しみにしてます!後々浦島坂田船出してくれたら嬉しいな、なんて思っていますが今はそらるさんがお父さんしているのを楽しみたいと思います!この先も頑張って下さい!!! (5月2日 19時) (レス) id: da9dad6d7f (このIDを非表示/違反報告)
願叶 - 狐都さん» あ!本当だ!自分で何回も読んでたのに気づかないとは…ありがとうございます!頑張ります! (4月10日 20時) (レス) id: cb892d5c50 (このIDを非表示/違反報告)
狐都 - 一番最初のところがトリップ(?)がトッリプになってますよ。 訂正したほうが良いんじゃないかと思います。 このお話好きなのでこれからも頑張ってください! (4月10日 13時) (レス) id: c992076cf3 (このIDを非表示/違反報告)
願叶 - ゆいなーさん» ありがとうございます!私も両方大好きなので、同じ方に会えて幸せです!面白いって言ってくださると書いて良かったって思います!頑張ります! (4月7日 21時) (レス) id: cb892d5c50 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:願叶 | 作成日時:2019年3月27日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。