占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:281 hit、合計:345,468 hit

よんじゅうにわ ページ44

Aside


家から歩いて数分、駅に着いた。

うらたさんとセンラさんが既に待ってた。


「うらさーん!」

「あ、志麻くん!あれ、その子は?」

『あ、うらたさんお久しぶりです。神木Aです。』

「え、Aさん!!!!いいんですか!俺らと一緒に!!」

『むしろお願いします。』


痛ばは目立つのでキャリーバッグの中に突っ込んでる。


「うらさーーーん!!!遅れたあああ!!」

「坂田遅い!!!」

「ごめん!!あれ?Aちゃん!!」

『坂田さん、お久しぶりです!』

「なぁまって?センラなんも喋ってへんねんけど!」

『あはは、センラさんもお久しぶりです』

「全員揃ったみたいやしそろそろ行こっか」


うらたさんのこえでみんな駅に入っていく。

切符買わなきゃ…って思ってたら


「はい、Aさん、これ。」


うらたさんが切符をくれた


『え、でも…うらたさんの分が!!』

「いや俺のはあるよ笑」

『あ、笑』

「俺のおごり!いつも志麻くんと仲良くしてくれてありがとね。他のメンバーとも仲良くしてね?」

『当たり前です仲良くさせてください!!』


さすがリーダーって感じ。



「席どうしよう」

「一人だけぼっちになるよな…」

「坂田でいいんじゃね?」

「なんで!?」

『私が一人になりますよ?』

「「ダメ!!!」」

いや、4人声揃えて言わんでええやん…


結局私は志麻くんの隣になった。

坂田さんが一人になって後ろからうらたさんとセンラさんにちょっかいだしてる。


「…眠たい?」

『…当たり前です』

「俺の肩貸したる。」

『、お言葉に甘えて』


志麻くんの肩を借りて少し眠った。


センラさんに写真を撮られてたなんて知らない。


志麻くんも眠ってたみたいで私の頭の上に頭が乗ってた。





らしい。






________________


ネタ切れてた難しい

めりーばれんたーいーん!!→←よんじゅういちわ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (261 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1054人がお気に入り
設定キーワード:浦島坂田船 , 歌い手 , 志麻
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

キラ(プロフ) - めるまおさん» うらたさん出してって言われたから出しましたえらい (2月14日 0時) (レス) id: b441012370 (このIDを非表示/違反報告)
めるまお(プロフ) - キラさん» 新しいの見たえっうらたさん出たじゃんなに嬉しいすき (2月13日 22時) (レス) id: 335991b9d6 (このIDを非表示/違反報告)
キラ(プロフ) - めるまおさん» 書くがんばる (2月13日 14時) (レス) id: b441012370 (このIDを非表示/違反報告)
めるまお(プロフ) - キラさん» きらちゃん更新がんば (2月13日 0時) (レス) id: 335991b9d6 (このIDを非表示/違反報告)
キラ(プロフ) - いちごみるくさん» ネタがない思いつかない (2月12日 13時) (レス) id: b441012370 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:キラ | 作成日時:2018年2月6日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。