検索窓
今日:45 hit、昨日:141 hit、合計:205,422 hit

31話(焦凍side) ページ33

ベンチに座る人影が二つ。広場に着くと、俺の探し人が小さな女の子と一緒に話している姿を確認した。

焦「緑谷」

二人の世界に割り込むのは少し悪い気はしたが、名前を呼んだことで俺の存在に気付いた緑谷がこちらを向いて笑顔を見せてきた。

出「あ、轟くん!轟くんも散歩?」

焦「いや、お前に用事があって」

出「僕に?」

焦「……Aのことなんだが」

刹那、緑谷の顔から一瞬笑顔が消えた。不穏な空気を感じ取ったのか、隣の少女…エリちゃんも不安げな表情を見せる。

出「取り敢えず、エリちゃんを相澤先生に預けてからにしてもいいかな?」

焦「あぁ。…多分、その方がいい」

この少女がどういった環境で育てられていたのか詳しい話はよく分からないが、相澤先生や通形先輩は「この子にトラウマを呼び起こさせるような暗い話はタブーだ」と言っていた。この話を彼女の前でするのは…宜しくはないだろう。

そろそろお昼だということもあり、エリちゃんはすんなり相澤先生の元へと帰っていった。

出「…それで、Aちゃん、何かあったの?」

そして再び広場へ向かう最中改めて緑谷にそう聞かれた。

32話(焦凍side)→←30話(焦凍side)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (106 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
271人がお気に入り
設定タグ:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 轟焦凍   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

レーズン(プロフ) - 雨色の水滴さん» コメント、応援ありがとうございます!私にしては珍しくギャグじゃないのでおかしくないか不安だったんですが、感動しましたとその言葉で嬉しくてつい顔がニヤけてしまいました…←これからもどうか宜しくお願いします! (2021年8月22日 11時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)
雨色の水滴 - めっちゃ感動しました!!応援してます!! (2021年8月22日 0時) (レス) id: 5a0f0dfb22 (このIDを非表示/違反報告)
レーズン(プロフ) - 名無し35021号さん» コメントありがとうございます!深夜テンションとかいうノリで出したのですが温かいコメントでめちゃくちゃ励みになりました!時間が許す限り更新していくので、これからもこの作品を宜しくお願いします! (2021年8月21日 21時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)
名無し35021号(プロフ) - 初コメ失礼します。もうめちゃくちゃ感動します!続きが楽しみになるような作品で面白いです!これから無理しない程度に頑張ってください!応援してます。 (2021年8月21日 18時) (レス) id: b931d3e819 (このIDを非表示/違反報告)
レーズン(プロフ) - あかりさん» コメントありがとうございます!うわあああそう言って頂けると凄く励みになりますっ!最近中々出歩けないですからね…(泣)お知らせでも言いましたが時間が許す限り更新していくので、これからもこの作品を宜しくお願いします! (2021年8月21日 16時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:レーズン | 作成日時:2021年8月21日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。