占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:17 hit、合計:6,966 hit

″もしも″の五 ページ5

.



おどおどと揺れ動く瞳。
…この人は、何かに怯えてる?
あ、私か。
そりゃあそうだ。
目を開けたら白髪赤目で、しかも肌まで異様に白い女がいましたなんて誰だって驚くし怯えるだろう。

「ご、ごめんなさい。あなたに害意はありません。
ただ、倒れてらしたので声をかけました。」

手を上に挙げてヒラヒラと揺らす。
多分万国共通の敵意はありませんアピール。
疑い…というか恐怖を滲ませた目は少しも変わっておらず。
こういう場合どうすれば…

「だ、大丈夫そうなら私はもう行きますね。
驚かせてしまってすみませんでした。
あ、あの余計なお節介かもしれませんがこの山熊が居るんで‥気を付けてください。」

ええと、ええと

「そうだ、これ使います?」

腰から提灯を取って傍に置く。
ちらりと一瞥しただけで、怯えた目は相変わらず。

「あの、あの…」

は、話を続けなきゃ。
場を和ませなきゃ!

カチャリと刀が力なく肩に落ちた。
えっと思わず顔を上げる。
静かに閉じられている目。
眠ってしまった見たい。
疲れていたのかな?
流石に肩に刀がある状態は怖いのでそっと下ろす。
うーん。
寝返りが心配だし、一応鞘にしまっておこうか。

ふと空を見上げた。
大変だ。そろそろ日の出。
本当は目が覚めるまで見ていたかったけれど…
タイムオーバーだ。帰らないと。

…でもこの人このままここに居たら風邪引いちゃうよね。どうしようか。
まぁ誰に見られる訳でも無いのだから襦袢で帰ってもいいな。
しゅるりと帯を解く。
着物を脱いでそっと被せた。
まぁ着物一枚で何が変わるというのも無いが、無いよりはマシでしょう。

……さて、そろそろ帰らないと。

最後にもう一度だけその人をちらりと見て、
しずかに山を降った。

″もしも″の六→←″もしも″の四



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
25人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , , 吉田松陽   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:沖田レイア | 作成日時:2019年4月1日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。