占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:3 hit、合計:13,762 hit

初バイト。初バイト? ページ7

大学初日なんだからゆっくりしてれば、と言われたものの。
色々テンションがおかしくなってた私はその日からバイトを入れてもらった。

カランカランッ、、、

『茜さん、こんにちは』
「いらっしゃい、よろしくね。」


喫茶まろん。

第一に雰囲気が私好み!
知る人ぞ知る、ってほどでもなくて、でも気軽に入れるチェーン店とはまた違ってて。
こういうお店は人手がいらないかなと思ったけど、中を見たら子供を抱えながらやる茜さんを見て、少しでも手伝いたいと思ったのがきっかけ。


まろんって名前は、茜さんの旦那さんの栗宮って苗字から取ったみたい。


今日は初日、頑張らな、「A?!」

『え?、、、え?!』


お客さんがいるのは知ってたけど、ちょっと初出勤でそれどころじゃなかった。
でも、だからって、


『なんでいるの、真琴、遙、、、』


こんなピンポイントでいる?普通。



「あ、えっと、ここ、旭のお姉さんの店で、あっ、旭っていうのは、「Aこそなんでいる。」ちょっ、ハルー!」

「なになにー?こんな美人と知り合いなの2人ともー?!」
「びじっ、おい貴澄言い方!」
「えぇー?」


『、、、え、と、』


あぁ、なんだろう。
しばらく感じてなかった岩鳶のノリだ、、、。
渚くんと同じテンション、、、。


「知り合い?Aちゃん。」
『!は、はい、真琴と遙は小学校からの幼馴染みたいな感じです。』


で、いいかな。
2人を見れば、真琴は笑って頷いてるし、遙も特に嫌な顔してないから正解なんだろう。


「、、、?まてよ、ってことは俺も貴澄も同じ中学のはずだろ?」
「そーだよー、なんで知らないの僕たちー。」


こんな美人な子いたら絶対噂になってるのにー、なんてまだまだ美人を引きずる鴫野 貴澄。

、、、でもとりあえず、


『私ここでバイトするの、着替えてくるから。』
「えぇっ、バイト?!」
「まじかよ、」


あからさまに驚く緑と赤に苦笑いしつつ着替えに行こうとすれば。


「あー、待ってAちゃん。」
『?』


はい。
と問答無用で差し出されたのは、


『ちょっ、』
「あー、うーーー」
『あー、うん、わかるよー、おはよう、おはよー、』

茜さんの大切なお子さんだ。


「起きちゃったみたいで、ちょっとそのまま面倒見ててくれる?」

そこで。


そう示されたのは4人が座ってるテーブルで。

『、、、バイト代はいりませんよ。』


心優しき我がオーナーに従う形で4人の会話に参加することが決まった。

新妻。→←夢の始まり。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (82 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
488人がお気に入り
設定キーワード:ヒヨコ , Free! , 転生トリップ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

おさき(プロフ) - 面白くて何回も読み返してます!楽しみに待ってます!頑張ってください!! (7月13日 20時) (レス) id: fdbdbe3797 (このIDを非表示/違反報告)
シオン(プロフ) - 頑張ってください (5月31日 6時) (レス) id: a620d1ff62 (このIDを非表示/違反報告)
ちゃっぴー(プロフ) - 何回見直しても面白くて好きな作品です!体調に気をつけて下さい。 (5月14日 21時) (レス) id: 77bb05bd52 (このIDを非表示/違反報告)
璃桜(プロフ) - 楽しみにして待ってます (4月19日 11時) (レス) id: 95a97e88f6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ヒヨコ | 作成日時:2018年12月20日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。