検索窓
今日:6 hit、昨日:3 hit、合計:5,921 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]

あの数年という短い時間の中で俺たちが彼女の記憶という日記の中の登場人物として関われたこと、それがどんなに幸せであったことだったか…。








それに気がついたのは彼女が亡くなった日からだった。





今目を閉じればその時の情景が鮮明に思い出される。まるでついこの前の出来事のように。








もう会うことは出来ないだろう。
しかし、思い出すという作業によって俺たちは彼女に会うことが出来る。







思いだし続ける限り、数年という短い記憶の中だけでも彼女は生き続けるだろう。





―――――――――――――――――――――――
こちらのお話は4巻目になりますので、はじめての方は残り僅かの余命1をご覧ください。
下のリンクから飛ぶことが可能です^^

残り僅かの余命1
http://uranai.nosv.org/u.php/novel/HUNTER03/

残り僅かの余命2
http://uranai.nosv.org/u.php/novel/HUNTER7/

残り僅かの余命3
http://uranai.nosv.org/u.php/novel/HUNTER8/執筆状態:更新停止中

シリーズの最初から読む


設定を行う場合はこちらをクリック














test

おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
93人がお気に入り
設定タグ:HUNTER×HUNTER , 幻影旅団 , ハンターハンター   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミカヅチイヴ | 作者ホームページ:   
作成日時:2021年8月25日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。