占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:144 hit、合計:109,583 hit

ページ ページ41

.







俺のこーちの第一印象は

「ヤベェ奴」

だった







これにはちゃんと理由がある!


多分話してたから大半の人は知ってるだろうけど、

入所したてのこーちはそれはそれは尖っていた




俺らも先輩も逆らえないような

こっわーい見た目の振付師さんに反抗しまくってたから



ほんとに怖かったんだよ?








「眞魯叩」


「あ?」








あの時はレッスン室が凍るような気がした



他にも怒られてるのにハイタッチしたり、

「まぁまぁ」みたいになだめるし......



噂でも「ヤベェJr.が入ってきた」って言われてたくらいだから

ほんとにヤベェ奴だった





嘘みたいでしょ?ほんとなんだよ








「すごいね」


「ね...」






そんな反抗とは比例しないダンスのこともあって

更にあの反抗のすごさに何人かでビビってるのも見たことある




それでも少しずつ人気が出ていた彼は

まさしくシンデレラボーイ、

いや...ハマのシンデレラボーイだった







でもまぁそのあといろいろあって、

そのおかげ、なんて言ったら怒られてしまうかもしれないけど

俺らはちゃんと互いを認識できる出会いをした








「ジュリ!取って!!!」


「あ...」


「あ、」








俺の投げたバスケットボールは

一緒に遊んでいた樹の元には届かず、


真っ直ぐこーちの顔面に直撃していった





これは今でも2人とも覚えてる





.

次ページ→←Episode8 「俺の好きな人」



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (173 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
393人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , ジェシー/高地優吾/ジェシゆご , メンバー内恋愛   
作品ジャンル:ラブコメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Charm ゆごみな | 作者ホームページ:http:  
作成日時:2020年1月30日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。