占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:5 hit、合計:112 hit

友情と機転の結果 ページ7

惑歌目線






目が覚めた。

一体何時なのか分からなかった。

大きな採光窓から燦々と降る太陽の光に今が昼過ぎであり、ここは学校のテストを受ける直前にいた場所ということが分かった。

周りを見ると、みんな居る。

矢だってフラワーだって校長先生だってあの鏡だって、、

ただ、私達3人の鏡のような者達は居ない。

今私はみんなにまた会えた喜びで泣いている。

声を出さずに、

会えた幸せをしっかりと噛み締め、

ああ、私は今、本当に幸せだ。

2. 過去編 3つのストーリー→←最後の歌



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:山岸ふあ | 作成日時:2020年4月14日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。