占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:5 hit、合計:108 hit

花生黒雲(かせいこくうん) ページ4

惑歌 (ハッ!)

惑歌「ここは、、、学校の近くの森?」

矢「フラワーと出会った場所だな」

  ガサゴソ

惑歌「キャッ」

草むらが動いたと思ったら、フラワーが…

いや、髪の先が左に向かっている…?

その子は草を枯らしていて、フラワーが草を生き返らせようとするが、この世界に入ってから3人とも力が使えなくなっている。

するとその子はこっちに気がついたようで、

フラワー?「僕はこの世界、いや、君達にとっては鏡の世界のフラワーさ」

鏡フラワー「あと僕の持っているこの赤い死神の花は、君の持っている青い粗悪品と違って、命を死なす事しかできない。
まあ、死を使う我々にとって、人を生き返らせるしかできないだなんて粗悪品にもならないだろうけどね!」

ビュッ

風を切るような音が聞こえ、彼の花から赤黒い小さな粒のようなものが飛び出してきた。

フラワー「逃げてて!!」

二人を先に行かせるとフラワーは

フラワー「不意打ちとはひどいよ〜
まぁ試練合格の為には君を倒さないといけないのかな?」

靴の先の尖ったところで腹の横を蹴る。

鏡フラワー「ぐっ!?」

相手は少しよろけるがすぐ立ち直し、広範囲に命を落とす赤黒い粒を拡げる。

フラワーは走って逃げ、相手の後ろにそっと忍びこもうとする。

しかしすぐ感づかれ、至近距離で粒をかけられてしまう。

相手の腕を掴みせめて道連れにするが、

来るのが遅いことを心配した二人が戻ってきてしまい、

フラワー「僕のことはいいからとにかく先に進んでて!」

二人はその言葉を信じ先に進む。

フラワー「一生に一度は言ってみたいセリフだけど、、やっぱ一人はちょっと、辛いかな。」
そう思いながら死神はそっと目を閉じた。



惑歌「ねぇ、やっぱり大丈夫かなぁ」

矢「あの声は覚悟していた、絶対に戻っちゃいけない」

少し歩くと矢と出会ったところについた。

鏡矢「お前らが俺が殺さないといけない奴らか」

すると突然空が黒雲に包まれ、

鏡矢「俺はあまり日光に当たっちゃいけないからね〜あと俺は黒雲を操るからこうゆう事もできるんだよね〜」

するとニタニタ笑った矢のような人が周りに沢山出てきて、

沢山の鏡矢「みんな俺と同じ動きをするんだよ〜早く倒さないと君たちを殺しちゃうからね〜」

花死光明 (かしこうみょう)→←1.試練編 試練



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:山岸ふあ | 作成日時:2020年4月14日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。