占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:34 hit、合計:290,218 hit

20話 ページ22

.



視界の端で、金と赤の髪が揺れた気がした。
自然とその色に惹き付けられて、横を向いた。



あの人がいた。

詰襟の軍服も、白い生地に燃えるような模様の羽織りも、炎の日輪刀も身につけてはいない。
高貴、そんな表現が似合う和服姿で彼は傘をさしていた。


賑やかな屋敷の軒下で、煉獄さんはどこか遠くを見ている。


すると、店から背の高い煉獄さんよりもかなり差を産んで、背の高い銀髪の派手な男性が出て来て、煉獄さんに話しかけた。

艶やかな着物を来た数人の華やかな女性も出て来て、


煉獄さんの腕や肩に体を寄せた。




煉獄さんは怪しく微笑んでいる。

その見たことの無い微笑みに、私は急いで目を逸らした。



「A?濡れちゃうよ」


『ごめんね。強くなる前に早く帰ろう』



そそくさと私は煉獄さんから距離を開けた。



きっと、煉獄さんはあの店に入るのだろう。

違う意味で、「男」だなあ……なんてしみじみ思う。
それは当然か。



『(あんな人でも、花街に行くんだ……)』



この空模様のように、頭に霧がかかった気分だ。

複雑と言えば複雑だけれど、説明しがたい感情に私は困惑した。






.







.







.







「煉獄?何立ち止まってんだよ」


宇髄に声をかけられて俺はハッとした。




両腕には艶やかな女性二人の腕が巻きついて、いつの間にか傘は畳まれて壁に立てかけてあった。


「杏寿郎さん、随分と久しぶりな気がします」

「お仕事、忙しかったんですか?」



甘い声と香りが俺をくすぐる。



「ああ、だが大事なく終わった」



俺を少し気配を感じて、店の外に目を映す。



「どうかしたのか?」



「いや、知った誰かに見られていた気がしたんだ」



「後追いか?さすがモテる男だなぁ、お前」



「そんなんじゃないさ、きっと」




俺は店の正面に向かう。

女性二人の腰を抱く。



「今日は楽しむとしよう」




きっと、気の所為だ。彼女がいるはずない。





.

21話→←19話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (310 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
477人がお気に入り
設定キーワード:煉獄杏寿郎 , 鬼滅の刃
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

茄子(プロフ) - 小説も挿絵も何もかもがとても素敵でした……素晴らしい作品をありがとうございます…… (1月25日 23時) (レス) id: 58113d68f6 (このIDを非表示/違反報告)
モルス(プロフ) - 涙が止まりません……こんな素晴らしい作品をどうもありがとう…… (12月2日 14時) (レス) id: d7cc26133c (このIDを非表示/違反報告)
愛郎素(プロフ) - 香坂さん» 語彙力が!高い!!よもやよもやです……本当に書いていてよかったと感じました!これからも頑張ります! (10月12日 14時) (レス) id: 56f98660a0 (このIDを非表示/違反報告)
香坂 - 言葉使いや書き方、表現に引き込まれました。一つの本を読み終えた時のような気持ちになり、とても良い作品だと心から思いました。このお話が読めてよかったです。 (9月18日 17時) (レス) id: c6f322a1f4 (このIDを非表示/違反報告)
愛郎素(プロフ) - 神夜さん» 素敵!!ありがとうございます!!頑張った甲斐があります!ありがとうございます (9月15日 23時) (レス) id: 56f98660a0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:愛朗素 | 作成日時:2019年8月30日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。