占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:339 hit、合計:290,204 hit

13話 ページ15

.



「首の傷は痕になってしまったか…」



少年は湯上りの煉獄さんとひとしきり話した後、座敷の隅で本を読み始めた。


料理場と今を繋ぐ段差に腰掛けた浴衣の煉獄さんは低い声で言う。
1週間前に彼に切られた首の傷は内側まで治ってはいたが、火傷のような痕が痛々しく残っている。

赤く変色した傷跡を申し訳なさそうに見つめられた。


『でももう十分に塞がりましたから』

「しかし、女性の肌に傷を残してしまったことに変わりない」


女性の肌の美しさは宝と言うけれど、さして私には重要ではない。
着物の下に首付きのものを切れば、綺麗に隠れる。

女性らしさ、というのは補うところが沢山ある。


でも今の私は________

『見せる人もいませんよ、次はちゃんと撥ね飛ばしてください。これ以上傷がつかないように』

私は彼だけに聞こえる小さな声で言った。
笑って冗談めかせて言えば、頬杖をつかれてしまった。



『この首はあなたに撥ねられる為にあります』



目的もなく生きること。
私はそれに疲れてしまっているんだろうと思う。

人の役に立つ…鬼の私にできることは限られていた。

少年を拾ったことを小さな事だとは思わない。悪い事だとは思わない。


ただ、私のしている事は良い事ではない。


自分の気持ちを優先して、度々矛盾が引き起こる。


死にたいけど、死ぬのが怖いという昔の矛盾。
本心はただ地獄に堕ちるのが怖くて、せっせと償いやらをしているのかもしれない。






そうだ……私は生きている理由が欲しかった。






.

14話→←12話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (310 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
478人がお気に入り
設定キーワード:煉獄杏寿郎 , 鬼滅の刃
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

茄子(プロフ) - 小説も挿絵も何もかもがとても素敵でした……素晴らしい作品をありがとうございます…… (1月25日 23時) (レス) id: 58113d68f6 (このIDを非表示/違反報告)
モルス(プロフ) - 涙が止まりません……こんな素晴らしい作品をどうもありがとう…… (12月2日 14時) (レス) id: d7cc26133c (このIDを非表示/違反報告)
愛郎素(プロフ) - 香坂さん» 語彙力が!高い!!よもやよもやです……本当に書いていてよかったと感じました!これからも頑張ります! (10月12日 14時) (レス) id: 56f98660a0 (このIDを非表示/違反報告)
香坂 - 言葉使いや書き方、表現に引き込まれました。一つの本を読み終えた時のような気持ちになり、とても良い作品だと心から思いました。このお話が読めてよかったです。 (9月18日 17時) (レス) id: c6f322a1f4 (このIDを非表示/違反報告)
愛郎素(プロフ) - 神夜さん» 素敵!!ありがとうございます!!頑張った甲斐があります!ありがとうございます (9月15日 23時) (レス) id: 56f98660a0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:愛朗素 | 作成日時:2019年8月30日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。