占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:4 hit、合計:6,124 hit

_ ページ6

何故廃校舎を睨んでいるかというと、その周りに群がっている淡い紫の光が原因だった。
その淡い紫の光は数秒ごとに増えていき、しまいには漏れ出していた。
他から見ればただの不自然に広がる紫の光という認識だが、上位の悪魔、それも争いを好まない善の悪魔には不快な塊なのだ。

「エル・ティアント……」

シユはそう小さく呟くと、黒紫の霧を纏った黒い刀が右手に現れ、その刀をシユは強く握ると廃校舎を切るように横に振りかざした。

「なっ!?何んて事をしてくれる!」

そこに丁度よく、袖にフリルが付いた白いTシャツに青いプリーツスカートに着替え、脇にベージュのパーカーを持ったイルナが、廃校舎を冷たい目で見ているシユに走って近づくと、胸ぐらを掴み怒鳴る。

「アレは攻撃を吸収し強くなるのだぞ!ぬしがしたこと、わかっているのか?!」
「あの不快物の事なんて、嫌って程わかってるんだけど。だから消したんじゃん」
「け……消したぁ!?」

イルナは目を丸くし、廃校舎を見ると、明らかに紫の光の塊が減っていた。
それに紫の光は増えてはいるものの、どことなく集まる速度が先程より遅くなっていた。

まるで近づくのに抵抗があるように。

「い……いったい……いったい何をしたのだ?」
「それは……」
「イルナ、何時もの喋り方どっか行ったね〜」
「ひぇ!!?」

少々イルナが顔を険しくし、胸ぐらを掴んだままシユに問うと、突然ルリがイルナの背中を軽く叩き現れる。
シユも気づかなかったのか少し目を丸くする。

「まあまあ〜、イルナ。シユ、良いことしたんだから離してあげなよ〜」
「あ……シユ様すみません!」

イルナは慌てて手を離すと土下座をし、頭突きで地面をへこませた。
シユは苦笑いでイルナを見ると、頬をかく。

「いや、あれの効果直ぐ切れるよ。光系の得意じゃないから」
「光!?」

大声を上げ、イルナは唖然とする。
それもその筈だ、悪魔にとって光を操るというのは、苦手などではなく、出来ないが一般的である。例え上位やハーフだろうとだ。
それをシユというハーフの上位悪魔は、あれ程数を減らしたというのに苦手と言う。
イルナはあり得ない事に唖然としていると、過去、依頼部が作られる前、に晴が真剣に言っていた言葉を思い出した。
「言いかい?君達の力は異常なんだ。下手をすれば神級の神を越えてしまう位だ」
当時、イルナはその言葉がしばらく忘れられず困惑していた。

_→←02:嫌悪



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定キーワード:アルテミアス , オリジナル , 学園ファンタジー+戦闘   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:矢骸 鵺与 | 作者ホームページ:   
作成日時:2016年3月8日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。