占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:4,614 hit

title21 ページ22

貴「…あの…さ、甘利くん…」

甘「ん、ゆっくりで良いよ。」

本当に甘利くんって優しいなぁ…

貴「もし、オレが…ううん、私が…女子でしたって言ったら…甘利くんは」

ギュッ

貴「うわぁ!?あ、あ、甘利くん!?!?」

甘「やっとAから言ってくれたね、俺は分かってたよ。」

貴「え、え、だって」

だって、甘利くんは今までそんなこと言ってなかったのに…どうして…

甘「俺がAのことで分からないことがある訳ないでしょー?」

そう言って私の頬をむにっと摘んだ。

貴「あみゃりくん、いひゃい…」

甘「ごめんごめん、でもAも楽になったんじゃない?」

確かに…そうかも。

貴「…ありがとう。」

甘「あ、もちろんこのことは誰にも言わないよ!」

貴「でも、いつから…!」

甘「…それは秘密。」

貴「え、えー!!」

甘「そっか、Aは覚えてないよね((ボソッ」

甘利くんなんか言った?しかもなんか悲しそう…

貴「あ、甘利くん…」

甘「あ、そろそろ集合時間だね!戻らないと怒られちゃうよ!?」

時計を見ると集合時間の五分前。

貴「!!ホントだ!!戻らないと!甘利くん今のことはホントに内緒で!!」

甘「わかってるって〜。ほら、行くよ?」

貴「うん!でも甘利くん!来た道こっち!」

甘利くんって方向音痴?

甘「あはは〜間違えちゃった〜」

そう言ってニコニコ笑ってる甘利くんはとても可愛く思えた。ん?可愛い?この男子嫌いな私が?…ないな。

貴「もぉー!行くよ!」

そういえばさっき甘利くんが呟いたことは何だったんだろう…答えが分からないまま私達はバスに飛び乗った。

甘利編
〜Fin〜

title22→←title20



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
27人がお気に入り
設定キーワード:ジョーカーゲーム , 男装
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- くろごまさん» はじめまして!ありがとうございます!D組良いですよね!文才なんて…そんなことないですよ!これからも頑張るので読んでやってください^^* (8月23日 17時) (レス) id: 0d60bf5e5c (このIDを非表示/違反報告)
くろごま(プロフ) - この作品すごく面白いです!!D組やっぱり最高ですね… 文才を分けてほしいです…(切実) (8月21日 21時) (レス) id: 5b6a8fe685 (このIDを非表示/違反報告)
- nami♪さん» はじめまして´ω`*ありがとうございます!これから短編に入るので読んでやって下さい!! (2月19日 11時) (レス) id: 0d60bf5e5c (このIDを非表示/違反報告)
nami♪ - この作品めちゃ最高です…!!! 甘利くんと三好くんもっと出してくださいー!! (2月11日 19時) (レス) id: 2b0edad393 (このIDを非表示/違反報告)
- レイナさん» はじめまして!ありがとうございます^^*実は田崎くんホントに好きで落ちは未定ですが…無意識に出ちゃいましたね(汗)これからも温かく見守ってやって下さい♪ (1月31日 7時) (レス) id: 0d60bf5e5c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2017年1月5日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。