占いツクール
検索窓
今日:47 hit、昨日:19 hit、合計:38,065 hit

10.5 ページ37

ブラックとザマスは、一瞬驚いた顔をした後、またいつもの嫌な笑みに変わった

お前に出来るはずがない

そう、嘲笑っているんだろう

けどな、オラはもう諦めないって決めたんだ

なまえを取り戻したところで、記憶がどうなるかは分からない

もしかしたら、一生このまま戻らない可能性もある

・・・そうだとしても

今、ここでオラはなまえの手を掴まなきゃいけない

じゃないと、永遠の別れになってしまうから

もう、覚悟を決めたんだ

オラはじっと、ブラックとザマス、そしてなまえを見据える

相変わらず、あいつらのムカつく表情は変わらねぇけど

ずっと困惑していたなまえの表情が、少しだけ、揺らいだような気がした



『・・・どうして、アンタは諦めないの?』



ふと、なまえがオラに向かって言葉を紡いだ

皆、驚いた表情をする

けど、オラは笑顔でこう答えた



悟「大好きだからな!」

『・・・』



なまえは、黙ってしまった

・・・でも、少し笑っていた

この空気をよく思わないのか、ブラックは眉間にしわを寄せ、オラたちを睨む



ブ「やはり、貴様は殺さねばならない。貴様は、貴様だけは、俺がこの手で葬り去ってやる!」



そう叫ぶと、ブラックはオラたちに向かって気の玉を連射する

打ち返してやると戦闘態勢に入った瞬間、ベジータの気弾により、ブラックの気弾は全て打ち消された

ちょっとびっくりしてベジータの方を見ると、彼は、ふぅっと軽いため息を吐く

どうしたんだ?そう思っていると、ベジータは不機嫌そうな顔でオラを見た



ベ「カカロット。貴様が今するべきことは、ブラックと戦うことか?」



オラはその言葉に驚いた後、少し笑った

彼の言葉が、あまりにも核心を突いていたから

オラが笑ったのを見た後、ベジータはまたため息を吐く

そして、こう叫んでくれたんだ



ベ「これが最後のチャンスだ。俺とトランクスで足止めする。その隙に、さっさと取り戻してきやがれ」



トランクスが父さん!と嬉しそうに叫ぶと、皆の表情は笑顔に変わっていった

・・・ベジータには感謝してもしきれねえな

そう思いながら、オラももう1回笑った



悟「サンキューな、ベジータ」



ベジータは、ふん!と言いながらそっぽを向く

ベジータの言葉を無下にしないよう、オラはオラのやるべきことをするんだ



ここから、本当の闘いが始まる

どんなことがあっても

オラはきっと負けない

だって、皆がいてくれるからな

10.6→←10.4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (72 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
122人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

無名 - そろそろ小説再開してください。続きがきになります。 (3月29日 16時) (レス) id: c2b0079e10 (このIDを非表示/違反報告)
無名 - 続きをお願いします。 (1月29日 21時) (レス) id: 3bd806a6e0 (このIDを非表示/違反報告)
無名 - 更新頑張ってください、続きが気になります。 (1月8日 0時) (レス) id: 3bd806a6e0 (このIDを非表示/違反報告)
無名 - 続きが気になります。どうか更新をお願いします。 (11月25日 18時) (レス) id: 2e47bfbbdf (このIDを非表示/違反報告)
氷川日菜(プロフ) - 更新頑張って!面白いから!応援してるよ! (10月26日 23時) (レス) id: 0ba6d72994 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぐーちゃん | 作成日時:2017年3月18日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。