占いツクール
検索窓
今日:49 hit、昨日:121 hit、合計:41,986 hit

それら全て ページ17

・*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚
山彰side








結局、そのまま慰めていたら泣き疲れたのか、コトリと玄関先で寝落ちしてしまった翔平。


『あーあ、明日目腫れるな、』


俺の肩に頭を預けて、さっきまでわんわん泣いてたのが嘘みたいに静まる家の中。
…俺先輩やぞ、笑

何か嫌な夢でも見ているのか、時折顔を歪ませる。


『夢の中でも苦しんでんの?』


本当に、こいつはどこまで苦しんだら報われるのか。
二人を見ていると、もどかしくて甘酸っぱくて。
彼らの視線はいつもお互いを見ているのに、その視線を交えることはそんなに苦しいことなのか。

優しく涙を拭ってあげても、頭を撫でてみても、こいつの苦しそうな顔が晴れることは無い。



…翔平を救えるのは、樹だけなのに。

どうしてお前が、翔平を泣かしてんだよ。



ぽつ、と膝に雫が落ちて、ふと翔平の顔を覗き込めば、寝ながら涙を流すなんてとても器用なことをしていた。

…器用で、



『不器用やなぁ…』







そんなつもりはなかった。
けれど、自分の肩に頭を預ける翔平は、今の俺にとってはあまりにも無防備すぎた。

俺が来るまでも泣いていただろうに、俺を見て安心した赤子のようにまた泣きじゃくる翔平に、不謹慎だけど少し嬉しくなってしまったのも事実。



…俺は無意識に、翔平の顔に自らの顔を近づけていた。


けれど、唇が触れることは無かった。
少し顔を動かせばその距離はゼロになるという所で、夢に沈んだ翔平が、小さく、だがハッキリと、想い人の名を呼んだのだった。


『…ふはっ、』





あと数センチ。

けれど、俺と翔平はとても遠いところにいたみたいだ。

こんなことしてるのも馬鹿らしくてまるで翔平みたい。
…こいつの心に触れることが出来ないなんて、今更。


俺は、その場でそれら全てに蓋をした。






『…やーめた。』









゚・*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚

キャパオーバー→←ぶどうゼリー


作者の呟き

リンクちゃんと貼れてなかったごめね


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (102 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
365人がお気に入り
設定キーワード:THERAMPAGE , 藤原樹 , BL   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白湯(プロフ) - トマトさん» ありがとうございます。完結まで行きつけたのは読者の皆様のおかげです…!本当にありがとうございました。明日辺り、しょへさんのお話をあげる予定ですので、楽しみにしていてください♪ (12月15日 22時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
トマト(プロフ) - 完結まで書いていただきありがとうございます!途中切なすぎて、本当に泣きました…このお話大好きです!!!山彰さん北人さん海青さんしょへいつのその後も全部気になります…お時間ありましたら書いていただけると嬉しいです!! (12月15日 19時) (レス) id: 30ecbafb1c (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - さーきーさん» ありがとうございます。色々書きます!完結できたのも読者様のおかげです。本当にありがとうございました。もう少し、お付き合い下さい。 (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - ゆあらむさん» ありがとうございます。楽しんでいただけて何よりです、!続編、前向きに検討させていただきますね。その時はまたよろしくお願いします。笑 (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - Kerooさん» ありがとうございます!拙い文章にもお付き合いいただきありがとうございました!そう言って頂けると作者調子に乗ります…笑、お楽しみに♪ (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白湯 | 作成日時:2020年10月18日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。