占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:11 hit、合計:25,669 hit

五一 “〃 (3)” ページ9

「貴方は長身痩躯の見た目に反して巨漢をも吹っ飛ばす程の腕を持つ男性だと風の噂で聞きました。それにもう逃げ切れる自信もありません、どうぞ煮るなり焼くなり好きにして下さい」


『煮るなり焼くなりだなんて物騒な事しませんよ。後、何か誤解されていますが一応私の性別は女です』




少し困った様に笑えば坂口さんは驚いた顔をして申し訳なさそうに視線を逸らして頭を掻いた




「……それはとんだ失礼を」


『ふふ、よく間違われるのでお気になさらず。組織内でも私が女だと初見で気付いたのは首領と太宰さんだけですので』



胸もサラシを巻いてるので余計に判りにくいらしいです、と付け加えたら微妙な顔をし乍ら納得された




『では、お手をどうぞ?』




異能を解除して足が動けるか確認した後、手を差し伸べたのだが一向に手を取られない
……流石に此処迄云って未だ何かするなんて思われているのなら、どれ程私は危険人物認識されているんだと溜息を吐きたくなる




「一応、手は縛るものだと思っていましたが」


『…?そういう御趣味があるのなら調達してきますが??』


「断じてありませんから!」




そういう趣味は無かったらしい
全力で突っ込まれた後、渋々手を取ってくれたので笑っていると睨まれた








地下水路から出て来ると追跡部隊の隊長を任されている男が走って来た
そして手を繋いでいる私達を見て一瞬固まったがハッ、と気を取り直して私に向き直る




「Aさんっ!御無事でしたか?今直ぐ捕縛用具を…」


『この通り大丈夫ですよ。後、私は最下級構成員なのでもっと気楽に話して下さいませ。それに其の必要はありません、こうして手を繋いでますし…ね?坂口さん』


「…は?」


「それで普通納得はしませんよ」




繋いだ手を軽く挙げて見せれば隊長の彼は変な顔をしたまま固まってしまった
オマケに坂口さんは溜息を吐き、額に手を当てて呆れた表情をしていた




『そういうものなのですか…?まあ兎に角安心して下さい。それより早く帰りませんか?皆様も六ヶ月もの間、気を張ってお疲れでしょう。私から皆様が捕らえたと報告致しますので今日ぐらいゆっくりと御休みになるべきですよ』


「あ、有難う御座います…!」




追跡部隊の皆が一斉に頭を下げるので慌てて顔を上げさせ、楼閣へと戻る様に促す


…最近ポートマフィア内の階級というものが判らなくなってきた
もう少し皆は私が最下級構成員だという事を判って欲しいのだが

五二 “〃 (4)”→←五十 “〃 (2)”



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (61 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
241人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , トリップ?転生?? , 原作アニメごちゃ混ぜ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

黒龍(プロフ) - りーこさん» 有難う御座います!頑張って続き書いていきますね (6月24日 12時) (レス) id: 9b97ad947e (このIDを非表示/違反報告)
りーこ - 続きが楽しみです (6月24日 6時) (レス) id: 140e75a81a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:黒龍 | 作成日時:2019年6月21日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。